ブルキナファソ見聞録

2016年6月1日

»著者プロフィール
著者
閉じる

岡田綾 (おかだ・あや)

JICA職員

1982年兵庫県西宮市生まれ。小学校6年生のときに阪神・淡路大震災を経験。2005年京都大学文学部社会学科、2007年同大学大学院地球環境学舎環境マネジメント専攻修士課程修了。環境やコミュニティ防災について学ぶ。就職活動では、「その人自身のせいではないが、理不尽な境遇におかれてしまった人のために仕事をしたい」と考え、他の関心事項であった「途上国・国際協力」も満たす組織として、独立行政法人国際協力機構(JICA)を志望し、2007年入構。地球環境部、広報室などを経て、アフリカ勤務を希望し、2012年12月よりブルキナファソ事務所に赴任。

投票の様子。静かに粛々と投票が進んだ。

 決選投票にもつれ込むと思われたものの、1回の投票ですんなり決まった。2名の有力候補のうち、負けた候補者に投票したと言っていた人に「残念だったね」と言うと、「いや、もういいんだ。色んなことがあって僕たちは本当に疲れたから。1日も早く新しい大統領が決まるということが重要で、後は彼のもとでみんなが頑張るだけ。1回で決まって良かった」と言われ、2014年10月の市民蜂起からブルキナファソが辿ってきた道のりが、人それぞれに複雑な感情をもたらしていることを痛感した。

 選挙を終え、よし、心機一転、再出発だ、と歓迎ムードだった新政権発足の出鼻をくじいたテロでは、ブルキナファソの方も多く犠牲になっている。

 馴染みのカフェでテロが起きたのは今年1月15日の金曜日の夜のことだった。

テロが発生したカフェCAPPUCCINO。オーナーの妻子がテロの犠牲になった。今もお店は入口が覆われた以外はそのままになっている。

 清潔で、メニューが豊富で、発電機のお蔭で停電時も安心で、無線インターネットも使うことができて、一人でふらっと涼みに行くにも、人とお茶をするにも、海外からの来訪者と食事をするにも重宝していたお店。顔なじみの店員も多くなり、息抜きにはぴったりだったお店。

 偶然にも、その日は日本人コミュニティの集まりがあったため、テロ発生時のお店に日本人はいなかったが、子供を含む多くの方が犠牲になり、国全体が悲しみに包まれる辛い出来事となった。

 発生直後、仕事相手の農業省の職員から「どこにいるんだ。大丈夫か。街の中心は通らずに早く家に帰れ」と緊迫した電話があった。発生は19:30頃。同日23:00頃にはイスラム・マグレブ諸国のアルカーイダ(AQIM)が犯行声明を出しており、これまでブルキナファソ国内でヨーロッパ人の誘拐事件を起こしているアル・ムラービトゥーンという組織が実行犯であるとされた。カフェ向いのホテルへの襲撃もあった後、治安部隊とのにらみ合いが続き、深夜2時頃から断続的に銃撃音と爆発音が聞こえ、なかなか寝付けず朝を迎えた。治安部隊による攻撃終了は翌朝8:00。

 ワガドゥグの街に、真っ黒に焼けた建物がまた増えた。

関連記事

新着記事

»もっと見る