2022年9月26日(月)

定年バックパッカー海外放浪記

2016年10月9日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年、横浜生まれ。神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

教会のチャペル、石造りの素朴な装飾。巡礼女子が祈りを捧げている(肩を出すのはお作法違反ですが)

ヒートアップする歴史認識議論

山の上の中世の修道院の廃墟

 日本が戦後一貫して平和国家として歩んできたことなどを説明したが火に油である。「アベは強引に改憲を推進している。日本政府は歴史を反省していない」とヒートアップして断定口調でせまる。「あなたも知っているでしょう。日本の軍隊が朝鮮を占領して35年間不法に支配して、その間に何十万人もの無実の民衆を虐殺した歴史的事実を!」と激高する。

 私は学生たちが徹底した反日教育のため間違った歴史認識を語っていることに対して誤謬を指摘するべきと咄嗟に判断。

ビジャフランカ・デ・ビエルソの大聖堂。右奥に巡礼者宿泊施設がある

 「当時朝鮮は日本の領土だったのだから軍隊が無実の民衆を殺すことはあり得ないし、事実に反する。一部の朝鮮人が叛乱を企てたので警察が逮捕して当時の法律に基づいて叛乱罪で処刑したことはあった。何十万人も虐殺したというのは根拠がない」

 さらに「植民地で叛乱を起こせば逮捕して処刑するのは20世紀ではどこの植民地でも一般的なことだった」と努めて冷静に彼らが理解できるように言葉を区切りながら反論した。

 すかさず「xxx事件で○万人、□□デモで△万人、○○騒動で万人……」と一人が顔面を紅潮させ早口でしゃべりまくる。ほとんど固有名詞や数字が聞き取れない。もう一人が興奮して立ち上がって「やっぱり日本人(ジャパニーズ)は軍国主義者だ。あんたも何も反省していない。歴史を都合のいいように捏造(make up)している」と感情を抑えきれず叫びながら私を指さして睨み付ける。

新着記事

»もっと見る