海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年7月17日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

ケイン上院議員のコミュニケーションスタイル

 ケイン上院議員のコミュニケーションスタイルと筆者が持った印象についても紹介しましょう。10年及び14年の米中間選挙で、筆者はジェリー・コノリー下院議員(民主党・バージニア州第11選挙区)の選対に入り戸別訪問を実施しました。その頃、同上院議員はコノリー下院議員の応援のために選対を訪れたり、バージニア州民主党が開催したイベントに参加していました。

 ケイン上院議員の有権者に対するアプローチの仕方は非常にユニークです。初対面の若者の有権者に対して「自分について語ってくれますか」と質問をし、彼の話に積極的に傾聴するのです。同上院議員は決して自分の意見を相手に押し付ける(push)のではなく、引き出す(pull)コミュニケーションをとるのです。その姿が印象に残っています。2016年3月にコノリー下院議員に今回の米大統領選挙に関してインタビューをした際、クリントン候補が同上院議員を起用することを強く望んでいました。

 2016年7月にバージニア州北部で開催された集会でクリントン候補と一緒に登壇したケイン上院議員は、若者の有権者に効果的な質問を投げかけていました。「人を解雇する大統領か、雇用する大統領か」「人をこけおろす大統領か、人間関係を構築する大統領か」「自己中心的な大統領か、子供や家族を気遣う大統領か」どちらを選択するのか、若者に問いかけたのです。トランプ候補とクリントン候補の対比を明確にした質問です。勿論、前者がトランプ候補で後者がクリントン候補であることは明らかです。

 再三指摘してきましたが、クリントン陣営は地上戦の核となる戸別訪問を実施する実動部隊の駒が不足しています。仮にクリントン候補がケイン上院議員を副大統領候補に選んだ場合、果たして同上院議員が、サンダース陣営に参加していた熱狂的なボランティアの若者をクリントン陣営にもたらすことができるのでしょうか。クリントン陣営にとって、本選の結果を左右する極めて重要な要因となります。
 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る