海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年7月17日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

クリントン候補の副大統領候補

 以下では、クリントン候補の副大統領候補の最有力候補になっているティム・ケイン上院議員(民主党・バージニア州)に焦点を当ててみます。

クリントン氏とティム・ケイン氏(Getty Images)

 ケイン上院議員は、2008年民主党候補指名争いにおいてクリントン候補が本命とされていた中で、いち早くオバマ候補(当時)を支持し、同候補の副大統領候補にも名前が上がりました。ケイン上院議員は58歳で、バージニア州リッチモンド市長、同州知事、民主党全国委員長を経て、現在上院議員1期目です。同上院議員を副大統領候補に起用した場合、次のようなメリットがあります。

 まず、無党派層の支持拡大が期待できます。トランプ候補はペンス知事を選び、党内の支持基盤固めを優先しました。そこでクリントン候補は、仮にケイン上院議員を副大統領候補に選定した場合、無党派層の票の獲得に向けて巻き返しを図ります。筆者は東部ニューハンプシャー州でクリントン陣営が標的としている無党派層を訪問しましたが、トランプ候補とサンダース候補に票を奪われていました。周知の通り、大統領選挙では無党派層の票が鍵を握ります。

 次に、白人男性票の獲得です。昨年8月に研究の一環として、中西部アイオワ州デモインにあるクリントン選対にボランティアの運動員として入りました。その後、16年6月までに9つの州のクリントン選対で活動をしてきましたが、共通点があります。中高年の女性ボランティアが圧倒的に多い点です。裏返せば、白人男性の支持が得られていないのです。ケイン上院議員には、クリントン候補のこの弱点を補完してくれる可能性があります。

 さらに、ケイン上院議員の地盤が激戦州の中の激戦州と言われる南部バージニア州である点も、クリントン陣営にはメリットです。2008年米大統領選挙でオバマ大統領は、44年ぶりに共和党から同州を奪還しました。12年大統領選挙では、結局、オバマ大統領が同州でロムニー元知事を破ったものの、再選の当確が出ても接戦を繰り広げていました。クリントン候補がバージニア州で勝利を収めますと、トランプ候補は大統領になるための過半数の選挙人270に到達するルートが、かなり限定されてきます。『大統領選のゆくえを完全予想 トランプとクリントンのルート270』で説明しましたトランプ候補の3つの主要なルートの内、1本を切ることができるのです。

 以上に加えて、カトリック教の宣教のためにホンジュラスに滞在した経験があるケイン上院議員はスペイン語が堪能です。同上院議員がヒスパニック系の有権者にアピールできる点も、クリントン陣営からみますと魅力的です。

関連記事

新着記事

»もっと見る