前向き女性になれる やわらかライフ&やわらかマネー

2016年10月28日

»著者プロフィール
閉じる

加藤梨里 (かとう・りり)

ファイナンシャルプランナー

慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任助教。2011年3月慶應義塾大学大学院修了。保険会社、信託銀行を経て、ファイナンシャルプランナー会社にてマネーのご相談、セミナー講師などを経験。2014年に独立し「マネーステップオフィス」を設立。専門は保険、ライフプラン、節約、資産運用など。大学では健康増進について研究活動を行っており、認知症予防、介護予防の観点からのライフプランの考え方、健康管理を兼ねた家計管理、健康経営に関わるコンサルティングも行っている。

お金に愛される人のお財布は美しい

 一方で、お金が貯まりやすい人のお財布はきれいなことにいつも驚かされます。ある女性はお母さんからもらったお財布を10年以上使っています。

【岸田美代子さん(仮名)29歳】

 岸田さんのお財布は牛革製のお財布の角は丸くなり、いかにも使い込んだ様子ですが、中のお札はすっきり整理され、カードが整然と並んでいます。

 そんな彼女は、家計もきちんと管理しています。ざっくりながらも家計簿をつけ、毎月の収支をおおよそ把握しています。買い物でもらったレシートはお財布に入れて持ち帰りますが、スマホのアプリを利用してささっと家計簿に入力してすぐに捨てるそうです。そのため、お財布の中にはお金とカードしか入っていません。ムダなものがなく、お金の出入りが目で見てすぐわかるようになっています。

 彼女の年収はというと400万円くらい。それでも財形貯蓄や銀行の自動積み立てを利用し貯蓄も毎月続けています。30歳にして貯蓄額はもうすぐ500万円に届きそうだというのです。堅実に貯蓄ができるのは、天引き貯蓄を活用しているのもありますが、お金に好かれる体質を身につけているからだとも感じさせます。財布をはじめとした持ち物そのものは高価なものではありませんが、大事にして長く使っているといいます。丁寧に扱うので、いつまでもきれいに使い続けられ、新しいものを買わずに済むのだそうです。無駄な出費がないので手元にお金が残りやすいのです。

関連記事

新着記事

»もっと見る