2024年6月16日(日)

それは“戦力外通告”を告げる電話だった

2016年11月18日

 1軍になかなか上がれず、上がった試合でも1イニング4被本塁打という不名誉な記録を作り、翌日2軍落ちを経験するなど、本来の輝きは失われた。シーズン終了後、体のケアのために東京にいた佐野のもとに、球団代表から電話がかかる。

 「来季の戦力としてみていない。明日、球団事務所に来てくれ」

 電話を切った佐野は、一言呟(つぶや)いた。

 「まぁ、そうゆう世界やな」

 半ば意地になって、アメリカへ渡った。どことも契約をしないまま臨んだスプリングトレーニングで、なんとか独立リーグでの契約にこぎつけ、必死にプレーした。そこで、佐野は新たな価値観を得る。

 「明日、クビになるかも分からん世界。不安で、野球が楽しくなかった。でも、そこでプレーする若手に言われたんや。『未来のことなんて考えても仕方ない。今、自分の力を信じてやるだけじゃないか』って」

 ようやく、佐野は自らの日本での素行を省みた。文句ばかり言って、今やるべきことを何もしてこなかった自分を深く反省した。給料は月に15万円。その中で、佐野はプレーするごとに初心にかえっていった。

 渡米2年目の2002年はメキシカンリーグでもプレーし、独立リーグに戻った後、同年オフに日本のプロ野球のトライアウトを受けた。オリックスの入団テストを経て、日本球界に復帰した。

 「もう文句は言わんかった。必死に練習することも思い出したしな」

 やるべきことをやる。佐野は集中力を取り戻した。しかし、プロの世界は35歳となった当時の佐野には甘くなかった。シーズン終了後、球団本部長に呼ばれ、来季は構想外であることを告げられた。

 「次の人生、考えなあかんな。って、思ってる自分に気がついて、『あぁ、辞めなあかんな』って思った」

 佐野は引退を選択した。

 引退して最初に行ったこと。それは、履歴書を書くことだった。

 「職業欄に、何も書けんかったんや。俺は、野球以外何もしていない」

 野球しかないが、野球以外のことは聞けばいい。様々な人に会い、仕事を探した。持ち前の明るいキャラクターを武器に、テレビの仕事を中心に仕事は次第に増えていった。

 現在48歳。50歳を迎える前に、やるべきことがある。

 「腹の底から、もっとできたと思うし、やるべきやった。俺は楽な方に逃げてたんや。絶対に逃げたらあかん。それを、うわべだけでなく伝えていくのが俺の役割やと思う」

 強烈な後悔は、未来への動機になる。佐野の野球人生は、まだ終わっていない。


新着記事

»もっと見る