「子縁」でつながる秋津地域のお父さん 

2016年12月29日

»著者プロフィール
著者
閉じる

岸 裕司 (きし・ゆうじ)

秋津コミュニティ顧問

1952年東京生まれ。広告・デザイン会社の(株)パンゲア代表取締役、習志野市立秋津小学校PTA会長時に秋津コミュニティ創設、会長を経て現在顧問兼秋津小学校コミュニティルーム運営委員会顧問。文部科学省委嘱コミュニティ・スクール推進員、学校と地域の融合教育研究会副会長、埼玉大学・日本大学非常勤講師、ほか。著書に『「地域暮らし」宣言』『学校を基地にお父さんのまちづくり』(ともに太郎次郎社エディタス)、『学校開放でまち育て』(学芸出版社)など。

 ホイップアーウィル夜鷹は、地表近くを飛行する夜行性の鳥。落ち葉や木に同化できる羽毛と、大きな目と裂けたような巨大な口が特徴で、これを開きながら低いところを飛行して昆虫をとらえる。この鳥の鳴き声が聞こえると、不吉なことの前触れ的な意味合いがあるらしい。

 そう、宮沢賢治の「よだかの星」のイメージかな、なんだか恐ろしげな演劇のよう。

 でも賢治の夜鷹は、夜空を飛び続けていつしか青白く燃え上がる星となり、今でも夜空で燃える存在となったのだから、最後はハッピーエンド的。

 飛んでるちま座長の脚本は、毎回難解そのもの。でも身近なおじさんやおばさん、お姉ちゃんやお兄ちゃんたちが演じる演出や、からくり大道具なんかが毎回観て楽しい!

劇団・蚊帳の海一座の本番
「わからないけど、楽しい!」

 で、公演日の1週間前から借り切った公民館の多目的ホールで本番用の舞台づくりがはじまりました。

劇団・蚊帳の海一座の第25回2016年公演本番(写真提供:関嘉民さん)

 で、私も孫を含めて家族で観覧。

 今回は、案外わかりやすくて面白かったし、舞台も凝ってるしバックミュージックもドンピシャでした!

 「今回もわからなかったけど、楽しかった!」との中学生女子のすてきな以前の感想を思い出しました。

 この感覚って受験学力の反対だよね、と思うの。

 「わかるけど、楽しくない」のが受験学力。楽しくないから合格すると忘れちゃう、の反対感覚。

 で、ちま座長は、秋津コミュニティの仲間へ終了後にこんなお礼メールを発信しました。

 「コミュニティメールをお借りして発信させていただきます。蚊帳の海一座の第25回公演もおかげさまで盛況のうちに無事終える事ができました。皆様のお力に感謝しております。入場者数も375名と多くの方に観ていただきました。今回は三菱UFJ信託地域文化財団の助成を受け、経費的にも大助かりではありましたがやはり赤字公演(約12万ぐらい)となりました(贅沢な舞台にさせていただきました)。

 このあとゆっくりと充電をして、来年の旗揚げ25周年公演に備えたいと思います。本当にありがとうございました。お疲れさまでした。蚊帳の海一座、関知磨子」

 蚊帳の海一座は来年創立25周年を迎えます。

 25周年は、秋津コミュニティの前身団体の創設と同じ年月なんです。

関連記事

新着記事

»もっと見る