2024年7月23日(火)

ペコペコ・サラリーマン哲学

2010年5月19日

 その後8年経った、2006年8月に、30代なかばの娘Mから、孫娘Yの描いたかわいい小さな花を周りに散りばめた、次のような誕生祝いの手紙をもらいました。

娘と孫からもらった手紙
ここをクリックすると拡大します

 思い起こせば、娘Mは小さい子どものころから、人の気持ちを察し、人を喜ばせたり、人を舞い上がらせたり、エビでタイを釣ったり、人を涙させたりする名人でした。

 「ありがとう力(りょく)」というものがこの世にはあるような気がします。

商標登録願
ここをクリックすると拡大します

 昨日(2010年5月18日)私は、「ありが党」の商標登録願を特許庁長官に提出しました。これがオーケーになるかどうかは未詳です。過去に私は、経理・財務、簿記、IFRS(国際会計基準)の解明に有用な二つの商標登録をしています。「残増減残」(2004年11月19日、登録第4892707号)と「科目の四マス」(2005年9月9日、登録第4892707号)で、いずれもどなたにも無料で使っていただいています。

 ただ、今回の「ありが党」の商標登録が万が一いただけた場合には、有料にするであろうと、一人で想像しています。

 


「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
週に一度、「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします


新着記事

»もっと見る