前向き女性になれる やわらかライフ&やわらかマネー

2017年3月24日

»著者プロフィール
閉じる

加藤梨里 (かとう・りり)

ファイナンシャルプランナー

慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任助教。2011年3月慶應義塾大学大学院修了。保険会社、信託銀行を経て、ファイナンシャルプランナー会社にてマネーのご相談、セミナー講師などを経験。2014年に独立し「マネーステップオフィス」を設立。専門は保険、ライフプラン、節約、資産運用など。大学では健康増進について研究活動を行っており、認知症予防、介護予防の観点からのライフプランの考え方、健康管理を兼ねた家計管理、健康経営に関わるコンサルティングも行っている。

 でも、人間の世界では必ずしもそうでもないように思うのです。同じ年に社会人になり、初任給は同じ金額だった2人ですが、Aさんの今の収入は45万円、Bさんは30万円と差が開いており、そこに、お金との付き合い方が収入に影響しているようなのです。

 Aさんは、昨年転職をして収入が上がりました。転職のきっかけになったのが、週末に参加していたパーティでした。偶然に再会した学生時代の同級生の会社で人材を募集しており、Aさんの仕事内容を聞いた同級生が、「うちの会社に来ない?」と誘い、人事担当者に引き合わせてくれたのです。

お金を使って社会人としての引き出しを増やすこともできる

 飲みの席はほとんどが娯楽ですが、人脈が広がったり、なぜか仕事の話で盛り上がったり、ときにはビジネスが進むこともあります。Aさんのようにチャンスをつかむまではいかずとも、人の話を聞けば知らない世界を知ることもあります。ほかにも、旅行に行ってリフレッシュすると、戻ってきたときに仕事のパフォーマンスが飛躍的に上がる、新しいアイデアが生まれることもあります。お金を使うことが、次のお金を生み出すきっかけになるわけです。

 最近ではクラウド上で仕事をできるサービスが登場し、社員に副業を認める企業も出てくるなど、本業を堅実に行うだけが会社員の正しい姿ではなくなりつつあります。これからは、仕事以外にも多様なスキルや経験を培い、社会人としての引き出しを多く持つことで、キャリアアップや収入アップのチャンスも広がるでしょう。そう考えると、お金を使ってオフの時間を楽しむのは、単なる浪費ではなく、自分の経済規模を拡大させる投資ともいえます。

 もちろん、向こう見ずにお金を使い続けるのはよくありません。でも、お金を貯めることだけが、幸せへのセオリーでもありません。お金は本来、貯めるためにあるのではなく、使って豊かな生活を実現するためにあります。もし、貯めることばかりを考えて悩んでいるなら、一度立ち止まって、がんじがらめになっている心をやわらかくしてあげてはいかがでしょうか。今を楽しむために使い、自分を豊かにすることも、前向きな人生にはとても重要です。

【企画・編集/SAKU株式会社】

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る