海野素央の Democracy, Unity And Human Rights

2017年4月28日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

習主席に仕掛けたトランプループの罠

 米中首脳会談ではトランプ大統領は、意表型トランプループを活用しました(図表3)。首脳会談開催前に、同大統領は習主席に対して意表を突いた言動に出ます。それが「一つの中国」の原則に固執しない姿勢及び蔡英文台湾総統と行った電話会談です。一旦、習主席を牽制しイライラさせるのですが、その後電話会談で一つの中国の原則を尊重すると伝えて安心させます。同主席は次にトランプループの「翻弄」の段階が待っているとは夢にも思わなかったでしょう。

 トランプ大統領のホームグランドであるマール・ア・ラーゴでの夕食会におけるデザート中に、同大統領は再び意表を突いた言動をとります。同大統領は、米FOXビジネスとのインタビューで、「これまで目にした中で一番素晴らしいチョコレートケーキを食べた時、59発の(巡航)ミサイルをシリアに向けて発射したことを習主席に告げた」と動作を交えながら自慢げに語っています。「習主席に10秒間の沈黙があった。彼は通訳にもう一度言ってくれと聞き直した」とも述べています。

 習主席は自分の耳を疑ったのかもしれません。この時、トランプ大統領は同主席に対して外交の主導権を握ることに成功したのです。相手の不意を突き翻弄させる同大統領の戦術は見事に的中しました。

キム委員長にトランプループを仕掛けるのか?

 シリアミサイル攻撃及び原子力空母「カール・ビンソン」を中心とする空母打撃群の朝鮮半島近海派遣についての発言は、北朝鮮にとって明らかに意表を突いた言動です。その上、トランプ大統領は北朝鮮攻撃に関するレッドライン(超えてはならない一線)を明言していません。というのは、自分自身を相手に対して予測不可能にすれば、自分の立場が強まり交渉を有利に進めることができると信じているからです。

 オバマ前大統領がアフガン駐留米軍撤退の期限を設定し発表した時、トランプ大統領はタリバンに情報を与えてしまったと痛烈に非難しました。オバマ前大統領は予測可能にしてしまったと言いたかったのです。今回の北朝鮮問題を巡って、同大統領は攻撃のデッドライン(期限)を設けることはしないでしょう。北朝鮮は対話重視のオバマ前大統領とは異なる予測不可能なトランプ大統領の言動を探っています。

 昨年の選挙期間中ロイター通信とのインタビューの中で、トランプ大統領はキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との会談に関して「私は彼(キム氏)と話をしたい。何の問題もない」と述べました。仮に同大統領が習主席は「役に立たない」と判断し斬り捨てた場合、単独で軍事行動をとるないしキム委員長に会談をもちかけ一旦安心させるという選択肢もテーブルの上にあるといえます。同大統領が後者を選んだ場合、トランプループを同委員長に本格的に仕掛けることになりますが、現時点ではループの「意表」及び「イライラ」の段階で止まっています。

安倍首相とトランプループ

 選挙期間中トランプ大統領は、日本に対して在日米軍の駐留経費全額負担及び貿易不均衡の是正といった無理難題を押し付けました。同大統領がヒラリー・クリントン元国務長官に対して勝利を収めますと、不安感と焦燥感に駆られた安倍晋三首相は2016年11月ニューヨークに飛びトランプタワーで会談をします。翌年2月同大統領は安倍首相をマール・ア・ラーゴに招き、ゴルフを通じて信頼関係を構築し同首相を安心させます。

 目下、安倍政権とトランプ政権は北朝鮮問題を最優先課題にして協力関係にありますが、2国間の貿易交渉を強く要求するトランプ大統領が、今後安倍首相を翻弄するような場面がないとは言い切れません。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る