WEDGE REPORT

2018年2月19日

»著者プロフィール
閉じる

田村明子 (たむら・あきこ)

ジャーナリスト

盛岡市生まれ。1977年米国に単身留学し、1980年から現在までニューヨーク在住。著書に『ニューヨーカーに学ぶ軽く見られない英語』(朝日新書)、『知的な英語、好かれる英語』(生活人新書)、『女を上げる英会話』(青春出版社)、『聞き上手の英会話』(KADOKAWA/中経出版)など。翻訳書も多数。フィギュアスケートライターとしても知られており、『挑戦者たち-男子フィギュアスケート平昌五輪を超えて』(新潮社)で2018年ミズノスポーツライター賞受賞。

「スケートに人生をかけてきてよかった」

 さて3問ほどの英語の質問をこなした後、日本語の質問がはじまった。これからの予定を聞かれると、こう答えた。

 「とりあえずスケートをやめる気はないのです。でもやっぱり夢がかなったという気持ちはあるし、やるべきことはやったという、すがすがしい気持ち。やりたいことはスケートのほうで残っています。人生をスケートにかけてきて本当によかったと心から言えますし、これからももうちょっとだけ自分の人生をスケートにかけたいと思っています」

 こう言って、ファンを安心させてくれた。そして続けていく理由は、やはり4アクセルであることを告白した。

アクセルは王様のジャンプ

 「4アクセルはやりたいなと思っています。小さい頃の自分だったら、きっと(その理由は)前人未踏だからと言うと思う。でも今のぼくの気持ちとしては、自分にとって最後の最後に支えてくれたのは3アクセルだった。アクセルジャンプというものにかけてきた思い、時間、練習。質も量もすべてが、どのジャンプより多い。何よりも恩師である都築(章一郎)先生が、アクセルは王様のジャンプだと言っていた。そのアクセルジャンプを自分は得意で大好きであることを感謝しながら4アクセルを目指したいと思います」

 しかしまだ右足首も全治していないのに、怪我に対する不安などはないのか。

 「右足の負担は正直いって大きなものになるとは思っています。実際にここまでくるにあたって、4ループが跳べたのは移動する前日。4ルッツに関しては全くやらず。3ルッツが跳べるのも本当にぎりぎりだったので。痛みとの戦いの中でなんとか跳べるようになった。4アクセルに関しては右の足首の状況を見ながら習得を目指していきたいと思っています」

関連記事

新着記事

»もっと見る