「犯罪機会論」で読み解くあの事件

2018年3月23日

»著者プロフィール
閉じる

小宮信夫 (こみや・のぶお)

立正大学文学部教授

立正大学文学部教授。社会学博士。日本人として初めて英国ケンブリッジ大学大学院犯罪学研究科を修了。国連アジア極東犯罪防止研修所、法務省法務総合研究所などを経て現職。「地域安全マップ」の考案者。
警察庁「持続可能な安全・安心まちづくりの推進方策に係る調査研究会」座長、東京都「非行防止・犯罪の被害防止教育の内容を考える委員会」座長などを歴任。
代表的著作は、『写真でわかる世界の防犯 ――遺跡・デザイン・まちづくり』(小学館、全国学校図書館協議会選定図書)。
公式ホームページは、「小宮信夫の犯罪学の部屋」http://www.nobuokomiya.com

事前学習では「人から景色へ」と発想の転換を図り、防犯キーワードを教える

 「入りやすい場所」とは、だれもが簡単にターゲットに近づけて、そこから簡単に出られる場所である。そこなら、怪しまれずに近づくことができ、すぐに逃げることもできる。

 「見えにくい場所」とは、だれの目から見ても、そこでの様子をつかむことが難しい場所である。そこでは、余裕を持って犯行を準備することができ、犯行そのものも目撃されにくい。

 このように、地域安全マップは、(だれもが/犯人も)「入りやすい場所」と(だれからも/犯行が)「見えにくい場所」を洗い出したものなのである。

フィールドワークが最も重要に

 ここで注意してほしいのは、マップづくりとはいうものの、実際には能力の向上という「人づくり」であって、正確な地図の作製という「物づくり」ではない、ということだ。なぜなら、犯罪者は地図を見ながら犯行場所を探しているのではなく、景色を見ながら犯行を始めるかどうかを決めているからである。それは子どもたちにとっても同じこと。地図を見ながら学校や友達の家に行ったりはしていないが、景色はいつも見ている。つまり、安全と危険は、地図の中ではなく、景色の中で判断すべきものなのだ。

 このことから、地域安全マップづくりでは、景色を観察する街歩き(フィールドワーク)が最も重要になる。もちろん、街歩きの前には、必ず景色を解読するための「ものさし」を与えなければならない。それが「入りやすい」「見えにくい」という二つのキーワード。これを使って、フィールドワークでは、危険な「入りやすく見えにくい場所」と安全な「入りにくく見えやすい場所」を探して歩くのだ。

フィールドワークでは危険な場所と安全な場所をその理由を考えながら探す

 例えば、ガードレールが設置されていない道路は、車に乗った誘拐犯が歩道に「入りやすい場所」である。両側に高い塀が続く道路は、家の中から子どもの姿が「見えにくい場所」だ。

 フェンスで囲まれていない公園は、誘拐犯も「入りやすい場所」である。うっそうと茂る草木に囲まれた公園は、誘拐の一部始終が「見えにくい場所」だ。

 田畑に囲まれた道路や建物の屋上は、死角になる部分がないので一見安全そうに思えるが、周囲からの視線が届かないので、やはり「見えにくい場所」である。

関連記事

新着記事

»もっと見る