田部康喜のTV読本

2018年6月28日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

コラムニスト

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

 「半分、青い。」は、永野だけではなく、若手女優が演技を競っているのも楽しみである。律の恋人・伊藤清役に古畑星夏。秋風(豊川)のアシスタント仲間の小宮裕子役に清野菜名が。清野は、ヒット中の映画「恋は雨上がりのように」(2018年、永井聡監督)では、ヒロインの女子高生役の小松菜奈の陸上部のキャプテンを演じている。「恋は」も、小松菜奈がアルバイト先のファミリーレストランの店長・大泉洋に真剣な愛をぶつける、純愛モノである。

 映画の主題歌「フロントメモリー」は、「神聖かまってちゃん」の原曲を鈴木瑛美子と亀田誠治がカバーしてヒットしている。

 その歌詞はスマートフォンやメール、SNSと新しい道具は現れ、言葉はぞんざいなようで、純愛は青春の特権である。そしていま、30歳も純愛の時代である。

「花のち晴れ」「デイジーラック」も

 私立高校を舞台にした「花のち晴れ」(TBS火曜ドラマ)は、6月26日最終回を迎えた。ヒロインの江戸川音(杉咲花)に恋心を抱く、フィアンセの馳天馬(はせ・てんま、中川大志)とライバルの神楽木晴(かぐらぎ・はると、平野紫耀)は、柔道と弓道、剣道の3本勝負となって、神楽木が勝利をおさめた。音(杉咲)の気持ちが本当は神楽木に向かっていることを知っている、馳は音に神楽木のもとへ行くことを促すのだった。

 「デイジー・ラック」(NHK総合ドラマ10、6月22日最終回)も、30歳を控えたアラサー世代の4人の女性の純愛の物語だった。ジュエリーショップで働いていた、山城楓(佐々木希)は会社が倒産、大好きなパン作りの職人になる目標を持ってパン屋で働くうちに、先輩職人の安芸開人(鈴木伸之)と結ばれることになる。小学生時代からの友人3人と「ひなぎく(デイジー・ラック)会」を開いては、夢を語り、ぐちをこぼし合う。友人たちもそれぞれの幸せを獲得する。「30歳でも女子であることは変わらない」という楓(佐々木)の最後のセリフが胸に染み入る。

 刑事ドラマも、病院モノもそれなりにおもしろい。しかし、いま純愛ドラマの時代ではないだろうか。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る