Wedge REPORT

2018年8月31日

»著者プロフィール
閉じる

中西 享 (なかにし・とおる)

経済ジャーナリスト

1948年岡山県生まれ。72年共同通信社に入社。88年から91年までニューヨーク特派員、経済分野を取材し、編集委員を経て2010年に退社。現在は経済ジャーナリスト。著書は「ジャパンマネーの奔流―ニューヨーク・東京・ロンドンの24時間」(1987年、ダイヤモンド社)、「日本買い 外資は何を狙っているか」(2005年、PHP研究所)など。

オフィスビルとマンションが両輪

 タワーマンションについては「100棟以上販売してきており、今年の新規では品川区の武蔵小山、埼玉県所沢市で計画している。タワマンの急増により学校が足りなくなるなど地域のインフラにも影響を与えるので、今後は行政とも対話をしながら開発を進めたい」と話す。

 いま、販売に力を入れているタワマンが、昨年8月から1期(400戸弱)の売り出しを始めた江東区有明にある「シティタワーズ東京ベイ」(33階)だ。1期の販売は好調で売り切れたそうで、2期を売り出している。最終的には1500戸以上入るマンションと商業施設の複合開発になっている。

 このほか銀座に近い晴海に高級タワマン「ドゥ・トール晴海」(52階)をツインタワーで建設している。また賃貸マンションでは都内で「ラ・トゥールシリーズ」を展開している。

 住友不動産は都内のオフィスビルでもCMで見るように棟数で「ナンバーワン」になっている。同社は建てたビルをREIT(不動産信託)に売却せずに持ち続ける戦略を取っており、これにより安定した賃貸収入を得ることができている。大手町・丸の内は三菱地所、日本橋は三井不動産など中心部の一等地は両社が抑えているが、そのほかの都心でのオフィスビル建設で住友不動産の勢いが止まらない。マンションとオフィスの両輪が同社の好調な業績を支えているといえそうだ。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る