定年バックパッカー海外放浪記

2018年10月28日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年、横浜生まれ。神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

『我はコック(厨師)なり』

中国語で「赤信号では停止」と書いてある

 9時半過ぎに部屋に引き上げようとすると、同年代の短髪の中年おじさんがキッチンに入ってきた。見事な手つきで楽しそうに中華料理を作り始めた。あっという間に炒め物とチャーハンとスープが完成。この御仁は1955年生まれの62歳。広州出身のプロのコックであった。ブリスベンの大きなホテルで働いているという。2週間前に広州から来たが、適当なアパートが見つかるまでホステルに逗留する予定だ。

 仲間からオーストラリアのコックの賃金が非常に高いと誘われて出稼ぎに来たという。元々広東省の田舎の出身。長年中華料理の本場である広州でコックとして働いてきたという経歴だ。明るい性格で話していると楽しくなってくる御仁であった。広東・福建など中国華南地方では出稼ぎや海外移住という歴史的に華僑の伝統がある。62歳の飄々とした生き様はそうした華僑精神を体現しているようだった。

中国語の道路標識、「紅灯、必須停」(赤信号では停車すべし)

タスマニア島のセント・へレンズに向かう途中の景勝地で横転事故を起こしたマイクロバス。中国系女子のドライバーはホテルに中国人団体客をピックア ップに行く途中でスピードオーバーでコーナーを曲がり切れず横転。警察の事情聴取に逆切れして「私は急いでいるのよ」と叫んでいた

 12月6日。グレートオーシャンロードをローヌ(Lorne)からアポロベイ(Apollo Bay)を目指して海岸線を走っていた。前方が工事中のようで道路脇に臨時の信号が設置されていた。近づいてよく見るとなんと中国語(中華人民共和国の公式簡体字)で『赤信号では停車すべし』と大書してあった。その後、タスマニアでも同様の中国語道路標識を見かけた。

 今回オーストラリアを自転車旅行して実感したのは、レンタカーを運転する中国人観光客が急増していることである。こうした道路標識は工事業者か道路管理者が中国人ドライバー向けに注意喚起したものであろう。

 私の経験では中国国内での平均的ドライバーの運転マナーは余り褒められたものではない。中国人ドライバーの運転マナーを懸念したオーストラリアの関係者が中国語表記の標識を設置したのであろう。

 ちなみに中国では運転免許証はお金を出しさえすれば、正規の試験を経ずに取得することが可能と聞いたことがある。15年前の話ではあるが、パキスタンの業者に金を払って取得したパキスタン政府発行の運転免許証を中国本国で中国政府の運転免許証に書き換えたと取引先のマネージャーが得意そうに語っていた。

⇒第8回に続く

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。
 

関連記事

新着記事

»もっと見る