2024年4月18日(木)

Wedge REPORT

2019年1月9日

 マーケティング本部の田中秀明エンタープライズマーケティングマネージャーは「既に3Dでデザインしている企業や個人は多く存在する。HolodeckはたとえばCADやBIM(建築物の3Dモデル)のデータを既に取り込めるため、彼らデザイナーが議論したり設計したりするVRプラットフォームになれば、と考えている」と展望を語った。

続くソフト・ハードの進化
現実を越えていくVR

 そして、VRのハードウェアが網羅する人間の領域も拡張してきている。スウェーデンのアイトラッキング(視線計測)大手トビー社は、前述のVIVEにアイトラッキング機器を搭載した。既存のVR機器では、VR空間内である対象を選択したいとき、レーザーポインタの要領でコントローラーを操作するのが主流だ。だがアイトラッキング搭載型ではVR空間の中で「見る」だけで、マウスのカーソルを合わせるかのように対象を選択することが可能になる。

 トビー日本法人の蜂巣健一社長は「アイトラッキングの本質は視線によるターゲッティングだ。これにより、VR空間内でのアイコンタクトや、見ている部分だけ高解像度にして処理能力の節約、などができる」と語る。

 VR空間内での「触覚」を再現しようとしているのが、ベンチャーのイクシー(東京都中央区)だ。腕に着けるモーター入りの装置で、触れた感覚、重み、反動などを再現する。日産などの設計分野で活用されており、「サイズや広さは見ただけではわかりにくい。触覚があると距離感が掴(つか)みやすくなる」(山浦博志CEO)

 VR界隈(かいわい)の進化は続く。19年4月には、オキュラスが新型「オキュラス・クエスト」を399ドルで発売する予定だ。クエストはPC不要かつ、センサーで部屋の広さをスキャンしVR空間に反映、自由に動き回ることができる。そうしたハードやソフトの進化に伴い、VRの企業利用もますます拡大していくだろう。

 
 
 
 
 
 
現在発売中のWedge1月号では、以下の特集を組んでいます。全国の書店や駅売店、アマゾンなどでお買い求めいただけます。
■米中5G戦争「華為排除」で転換迫られる産業界
PART 1  5G幕開けで変わる産業構造 出遅れる日本の通信業界
PART 2  ”実害”なくとも中国企業は排除 背後の共産党を恐れる米豪
PART 3  米国が最先端技術にかける網 日中共同開発は実質的に不可能に
COLUMN  米国の意向が最優先の現実 脱・ファーウェイは外交問題
PART 4  英国の脆弱なインフラと大学 「合法的」に諜報活動を行う中国
PART 5  米中ハイテク戦争の結末は?中国は半導体製造装置がアキレス腱
INTERVIEW 米国が狙う中華5Gの”不拡散” 「宣戦布告」になすすべのない中国

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆Wedge2019年1月号より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


新着記事

»もっと見る