今月の旅指南

2019年2月20日

»著者プロフィール

 瀬戸内海に浮かぶ、広島県尾道市の因島(いんのしま)に鎮座する大山神社。建築や交通の守り神、大山積大神(おおやまづみのおおかみ)を祭神に、宝亀4年(773)に創建された古社で、因島村上水軍の守り神としても信仰を集めてきた。毎年3月3日の「耳の日」には、境内にある耳の病を癒やす神様を祀った耳明(みみご)神社で、全国でも珍しい「耳祭り」が斎行される。

耳の神様の「お多福耳」をくぐって招福祈願

 耳祭りの始まりは平成18年(2006)のこと。耳明神社への参拝者の増加にあわせて耳祭り保存会が結成され、耳の日と上巳(じょうし)の節句にちなんだ日に祭りが挙行されるようになったという。

 当日は13時から社殿において耳祭り神事があり、耳の形に似ていることからサザエの殻に酒と米を入れたお供えを神前に捧げる。その後、奉納演芸が繰り広げられる。

 境内には耳の神様の大きな耳をかたどった「お多福耳」が設置され、その穴をくぐり左回り、右回り、左回りの順に巡ると福が授かるとされる。また、願い事を書いた「耳結び紐」を社殿に掲げられた大きな耳型から下がる紅白紐に結ぶ「御縁結び」など、さまざまな方法でお参りすることができる。

 このほか、耳の形をした白玉入りのぜんざいの振る舞いや、特産品の青空市も開かれる。16時ごろにはこの日が桃の節句でもあることから「人形供養祭」も執り行われ、終日参拝客で賑わう。

耳祭り
 <開催日>2019年3月3日
 <開催場所>広島県尾道市・大山神社境内(山陽新幹線福山駅からバス)
   <問>☎0845-22-0827
   URL:https://www.ononavi.jp/sightseeing/event/detail.html?detail_id=607
 URL:http://ooyama.sun.bindcloud.jp/

*情報は2019年1月現在のものです。料金・時間・休館日などの詳細は、お出かけの際、現地にお確かめください

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆「ひととき」2019年3月号より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

新着記事

»もっと見る