2022年12月4日(日)

田部康喜のTV読本

2019年6月20日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

コラムニスト

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

 榊は、下訳の謝礼を渡しながら、ほかになにかお礼ができないか、と元子に尋ねる。

 元子 「夕ご飯をご一緒させていただけたら(ついずうずうしいことをいってしまった)」

 彼女がちょっと目を離したすきに、榊はエプロン姿となって、パスタを作ろうという。

榊  「花のような香りがしたが」

元子 「ちょっと強かったですか」

榊  「よいではないか」

 香水をつけなれない元子が、自宅で手と耳のうらにそっとつけてきたものだった。

橋本愛の成長、田中泯の魅力

 週明けに教室に戻った元子は、週末の出来事が頭から離れない。そんな彼女に何度も榊が呼びかけたのに気づかない。講座のOB会の手配を頼もうとしていたのだった。すでに、元子は会場のホテルの宴会場を手配していた。榊は元子に、いつも世話になっているから「もっと礼をしたい。なにがいいかね」と聞くのだった。

元子 「デ、デ、デートがしたいです」

榊  「どこがいいかね」

元子 「いろいろ大丈夫なんでしょうか。誰かにみられたら」

榊  「包み隠さずいえばいい。バイトのお礼だと。
   『検証』してみたくなったんだよ。大学の外で君と会うとどんな感情が生まれるのか」

元子 「教授! ひとつお聞きしたいのですが。『検証』とは?」

榊  「だんだん、自分がわからなくなってきた。教授としては丁寧に対応してきた。個人の榊郁夫としてはどうかということだ」

元子 「『検証』の結果は?」

榊  「個人として私の心は迷子のままだ」

元子 「私に対して、もっとおろかになってください。おろかになるのが、恋とは正しい気持ちだと知りましたから」

 榊の家の近くにある洋館の庭で紅茶が飲めることを知った、元子は榊を誘うのだった。

 元子 「教授とであって、自分がわがままで、嫉妬深いことを気づきました。嫌な自分を知って、心が熟していると感じます。教授に恋をしていることから逃げずによかった」

 榊  「私は逃げた。君への思いから。君より上に立ち、君への思いを断ち切ることで君を守っている気持ちになっていた。詭弁を弄しただけだ」

 榊は、ひとつの小さなスノーボールを手元にだした。元子とふたりで立ち寄った店で、彼女が「かわいい」といったので、買い求めたが渡せずにいたものだ。

 榊  「私のおろかな想いと思って、受け取ってもらえないか」

 元子 「また、こうやって、一緒に」

 榊  「虫がよいことは知ったうえで」

 元子 「こんなにうれしいことはないです」

 榊  「ありがとう」

 連続テレビ小説「あまちゃん」でブレークした、橋本愛の俳優としての成長を観るのも楽しい。ダンサーにして、映画やドラマにシニアからデビューした、田中泯の魅力も十分すぎるほどに、活かされた秀作である。


  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

新着記事

»もっと見る