野嶋剛が読み解くアジア最新事情

2019年9月3日

»著者プロフィール
閉じる

野嶋 剛 (のじま・つよし)

ジャーナリスト

1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に『イラク戦争従軍記』(朝日新聞社)、『ふたつの故宮博物院』(新潮選書)、『謎の名画・清明上河図』(勉誠出版)、『銀輪の巨人ジャイアント』(東洋経済新報社)、『ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち』(講談社)、『認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾』(明石書店)、『台湾とは何か』(ちくま新書)。訳書に『チャイニーズ・ライフ』(明石書店)。最新刊は『タイワニーズ 故郷喪失者の物語』(小学館)。公式HPは https://nojimatsuyoshi.com

それぞれ容疑の異なる人々を同日に逮捕する

 逮捕された人々の容疑は単一ではない。香港警察は、一連の逮捕行動が計画的に同一時間に実施されたことを会見で否定しているが、信じる人はいないだろう。あらゆる法律を用い、短期間に彼らへ重い打撃を短期間に打撃を与えようという狙いは明らかだ。それぞれ容疑の異なる人々を同日に逮捕するというのは事前の計画なしには不可能だ。

 黄之峰さんや周庭さんは、去る6月21日、湾仔の警察本部を午後から翌日未明にかけて取り囲んだ抗議行動において、「未許可集会と知りつつ、他人を扇動し、自らも参加した」などの罪で逮捕された。

 私は6月21日の抗議行動の現場にいたが、基本はウエブでの呼びかけに基づいて自然発生的に行なった包囲であり、2人の姿は見かけたが、突出して目立つ行動を取っているようには見えなかった。この夜の参加者も数万人に達しており、明らかに2人を狙い撃ちにした摘発に見える。

 民主派の立法会議員も3人が逮捕された。民主派の区諾軒さん、公民党の譚文豪さん、熱血公民の鄭松泰さんである。区さんと譚さんは、7月7日夜の抗議行動の取り締まりで警察を妨害した容疑。鄭さんは、7月1日のデモ参加者の立法会突入のときに自ら参加したという容疑が持たれている。

 いわゆる「勇武派」と呼ばれる街頭で警察と対決する役割を担っている若者たちの指導者と目される香港民族党の陳浩天さんは、前日に香港国際空港から出発しようとするところで身柄を拘束されている。陳さんは日本で開かれる国際会議に参加する予定であった。ほかにも数名の反対派が逮捕されている。

 巷間言われているように、一斉逮捕の翌日の8月31日のデモに対する牽制もあったであろう。この日に向けた民主派のデモ申請を警察は拒否している。これまでは、デモの地点や時間について警察は拒否や変更を求めることはあってもデモ自体を拒否されたことはなかった。

屈辱の代名詞「831」

 8月31日は、一人一票の「普通選挙」を認めない2014年の全国人民代表大会の決定が行われた日で、香港人にとっては雨傘運動のきっかけにもなった屈辱の代名詞が「831」。その日に大規模デモが起きてしまうことを、香港政府としては回避したかっただろう。

関連記事

新着記事

»もっと見る