海野素央の Love Trumps Hate

2019年9月15日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

パーソナリティの衝突と忠誠心の欠如

 以上は外交政策上の不一致ですが、トランプ大統領とボルトン氏のパーソナリティの衝突と、同氏の忠誠心の欠如も看過できません。

 トランプ大統領はディールには柔軟性が不可欠であると考えています。それに対して、ボルトン氏は原理原則を曲げません。おそらくトランプ大統領にはボルトン氏は、「ディールのやり方をまったく理解していない人物」に映っていたに違いありません。

 そもそもトランプ大統領はボルトン氏を大統領補佐官に起用したとき、保守系の米FOXニュースでの同氏のコメントが気に入った、と述べていました。ボルトン氏の強硬姿勢がディールのパーツとして利用価値が高いという直観が働いたのかもしれません。トランプ流ディールは、交渉相手に対する強硬姿勢と対話路線の絶妙な組み合わせです。

 しかし今となっては、ボルトン氏は再選戦略に負の効果をもたらす存在になってしまったのです。

 加えて、ボルトン氏解任に関してトランプ大統領に対する忠誠心の欠如が主たる理由であったと報じる米メディアもあります。キャンプデービットで開催が予定されていたタリバン幹部との「秘密会議」について、メディアに情報を漏らした人物は、実はボルトン氏だというのです。仮にこの報道が真実であれば、トランプ大統領はボルトン氏を忠誠心が全く欠けている「造反者」とみなしたことになります。

関連記事

新着記事

»もっと見る