海野素央の Love Trumps Hate

2019年9月15日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

ボルトンは外交政策上の「クギ」

 トランプ大統領はボルトン氏を「解任した」と主張していますが、同氏は「辞任した」と反論しています。常に「強いリーダー」を意識している同大統領は、部下から辞任を突き付けられた「弱いリーダー」として有権者、殊に熱狂的な支持者から見られたくないのでしょう。

 さてボルトン氏は、外交政策上の「クギ」の役割を果たしてきました。トランプ大統領にブレーキをかける「制御装置」であったといえるかもしれません。

 クギを刺す助言者がいなくなり、今後トランプ大統領は「トランプらしく」振舞うことができます。例えば、北朝鮮に対して、「ディール最優先」の方向へ舵を切ることができます。ただトランプ大統領のディールの中には、日本に脅威となっている短距離ミサイルは含まれていないでしょう。トランプ大統領と金委員長の間で何らかのディールが成立しても、日本には課題が残る可能性が高いということです。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る