2022年12月2日(金)

WEDGE REPORT

2021年3月15日

»著者プロフィール
閉じる

海野麻美 (うんの・あさみ)

記者、映像ディレクター

東京都出身。2003年慶應義塾大学卒、国際ジャーナリズム専攻。”ニュースの国際流通の規定要因分析”等を手掛ける。卒業後、民放テレビ局入社。報道局社会部記者を経たのち、報道情報番組などでディレクターを務める。福島第一原発作業員を長期取材した、FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品『1F作業員~福島第一原発を追った900日』を制作。退社後は、東洋経済オンラインやYahoo!Japan、Forbesなどの他、NHK Worldなど複数の媒体で、執筆、動画制作を行う。取材テーマは、主に国際情勢を中心に、難民・移民政策、テロ対策、民族・宗教問題、エネルギー関連など。現在は東南アジアを拠点に海外でルポ取材を続け、撮影、編集まで手掛ける。取材や旅行で訪れた国はヨーロッパ、中東、アフリカ、南米など約40カ国。

ひっそりとしたチャイナタウン 半額セールも

 だが、コロナ禍で最も激変してしまったマレーシアにおける春節のシーンは、なんといっても「チャイナタウン」だろう。春節の幕開け当日、クアラルンプール中心部のチャイナタウンに向かうと、例年は車も動かないほどに周囲は混雑するのだが、道路もガラガラ。チャイナタウンの入り口に位置する店舗は閉業したようで「売り出し中」の張り紙が寂しげにひらひらと舞っている。

首都クアラルンプール中心部のチャイナタウン 雑貨や食べ物を売る屋台はほぼ姿を消し、春節当日もひっそりとしていた

 威勢の良い客引きの声が名物だった屋台もほぼ姿を消し、メインである通りも閑散として買い出しや食べ歩きに訪れる地元の人々や観光客の姿もほぼない。春節の飾り付けのグッズを所狭しと店内に並べて販売する名物店にも客の姿は一人もなく、店主が一人寂しげに棚に溜まった埃の掃除をしていた。ほぼ全ての品物に大胆にも「50%OFF」の張り紙が貼られており、少しでも在庫を減らすことに躍起なようだ。

 「例年はこの時期には多くの人が訪れて、大量に買い出しをするのが常なのですが……1年に一度のかきいれどきなのです。今年は親族が集まって祝ったり、友人たちを招いてのオープンハウスを催すこともできないことから、大ぶりの飾り物の売れ行きは悪く、家庭用の小さなグッズのみが売れていった傾向です。私も今年はどこへも出掛けず家で静かに祝うのみでしたよ…こんな春節は初めてです。仕方ないですね」とため息をついた。

 
チャイナタウンの近くで中華系雑貨を販売する店を営む店主 今年は春節の飾り物がほとんど売れないとため息をついた ほぼ全ての商品に「50%ディスカウント」の張り紙が掲げられていた

 

 コロナは多民族国家の風景もがらりと変えてしまった。果たして来年の春節は、パワフルな東南アジアの華人たちの姿が戻るのか-今は誰にもまだ予測は出来ない。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

新着記事

»もっと見る