チャイナ・ウォッチャーの視点

2021年4月6日

»著者プロフィール
閉じる

樋泉克夫 (ひずみ・かつお)

愛知県立大学名誉教授

中央大学法学部、香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士後期課程を経て外務省専門調査員として在タイ日本国大使館勤務。著書に『華僑コネクション』『京劇と中国人』『華僑烈々―大中華圏を動かす覇者たち―』(以上、新潮社刊)など。

[著書]

「大国に相応しい頭脳」の意味とは?

 「大国に相応しい頭脳」が何を意味していたのか。今にして振り返れば習近平その人を指していたのかもしれないが、同じ2010年に出版された『中国夢 中美世紀対決・軍人要発言』(劉明福著、中華書局)は、総合国力で世界一を目指すことを熱く説き掛ける。

 世界第1の中国こそが、①発展途上国が先進国を打ち破り、②中国の特色を持つ社会主義が世界最大の資本主義国より優れ、③東方文明が生命力・創造力で西方文明を凌駕し、④白人優越主義を退け、⑤西欧中心の優越感を打ち砕く――。

 「中国が世界1になるという現在進行形の偉業は、経済的意義にとどまらず、政治的・文化的意義を秘め、将来の中国にとてつもなく大きな政治的・道義的資源をもたらす」と胸を張り、世界第1の中国を支える前提にアメリカを凌ぐ軍事力の必要性を力説した。

 「政治的・道義的資源」を備えた世界1の中国こそが、①アメリカ式民主主義より優れた「『中式民主』の奇跡」、②福祉国家より均等の「『財富分配』の奇跡」、③多党政治より公平な1党独裁下での「『長治久廉』の奇跡」――3つの奇跡を人類にもたらすと結論づけた。なお「長治久廉」とは長期に安定した不正・汚職のない政治情況を指し、「富強の中国こそ必ずや清廉な中国である」と付け加えることを忘れてはいなかった。

 以上の2冊の主張を重ねると、どうやら「中国の夢」とは、「大国に相応しい頭脳」に率いられた「アメリカを凌ぐ軍事力」に支えられた「世界第一の中国」の実現ということになりそうだ。

関連記事

新着記事

»もっと見る