2024年2月29日(木)

Wedge REPORT

2021年7月29日

「出口戦略」は時期尚早

 関西圏で前週の2.4倍も感染者数が急増したことには「これは大変なことだ。遅れないよう早めの対策を打つべきだ」と述べ、一部で経済活動と感染対策を両立させるために議論されている「出口戦略」に関しては「今の段階では『出口戦略』は慎重にあるべきだ」と指摘した。

 ワクチンパスポートに関連して「パスポートをどう使いながら、社会経済の活性化を元に戻していくかが課題になる」と指摘した。一部の飲食店でパスポートを提示すれば代金割引をすることが検討されていることについて「ワクチン接種が受けたくても受けられない人がいる中で、割引をするのは差別を招く恐れもあるので、段階的に行うことが大事だ」との見方を示した。

 今後の感染症対策では「次のパンデミックも起きるという危機意識が重要で、有事の際の司令塔機能が必要だ。地域の感染症医リーダーの育成と配置も必要になる。また新薬や創薬に対する投資を危機管理の視点で行うことが重要だ」と述べた。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る