2023年1月31日(火)

チャイナ・ウォッチャーの視点

2013年1月15日

»著者プロフィール
著者
閉じる

城山英巳 (しろやま・ひでみ)

北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院 教授

慶應義塾大学文学部卒業後、時事通信社に入社。計10年の北京特派員を経て2020年から現職。ボーン・上田記念国際記者賞受賞。早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程修了、博士(社会科学)。著書に『天安門ファイル』(中央公論新社)、『マオとミカド』(白水社)など多数。

 南方週末の紙面には1面に「オバマ独占インタビュー」との見出しが出たが、直筆メッセージは掲載されなかった。しかし掲載予定だった1面のスペースは白紙になっており、小さい文字で「誰もがこれで中国を理解できる」と記載した。宣伝部が掲載を認めなかったため、抗議の意思を込めて白紙にしたのだ。

「公権力批判で強い国になれる」

 中国で調査報道に携わる複数の記者によると、南方週末などの内部は、おおまかに言って ▽編集長ら上層部▽編集委員(デスククラス)▽一線記者—3段階に分かれる。上層部は共産党宣伝部と常に連絡を取り、宣伝部の意向に沿った紙面づくりを進めるが、現場の記者の書きたいネタが少し敏感だったとしても、間に立つ編集委員は理解を示し、上層部に掲載するよう訴えることも多い。

 南方週末は新年特別号でその年にとって重要なメッセージを訴えるのが恒例。今年は1月3日発行号で「中国の夢、憲政の夢」と題した同紙の戴志勇評論員の文章を掲載することになり、文章はこう記していた。「公民たちが大声で公権力に対する批判を行ってこそわれわれは自由で強い国になることができる」

 1月7日に「南方週末新聞職業倫理委員会」がまとめた「新年号発行過程」と題した内部報告によると、編集部が新年号の原稿企画案をまとめたのは2012年12月23日。その中に「中国の夢、憲政の夢」も含まれた。黄燦編集長は翌24日、編集部に対して「企画案を渡す」よう求めた。省宣伝部の検閲を受けるためだった。

 26日、黄燦は編集部に、省宣伝部の見解を伝える。この中で、インターネット上で政府批判して労働矯正処分を受けた青年・任建宇の話や反日デモでの理性的な愛国者などの記事を削除するよう求めたほか、「13年10大焦点」として取り上げた一人っ子政策、幹部の財産公開、労働矯正制度などに関する原稿も禁止された。

「劉雲山・庹震体制」への不満 

 この経過を見て明らかなのは、編集長が共産党宣伝部側に立って紙面への事前審査(検閲)に深く関与していることだ。中国メディアへの事前検閲は以前から存在したが、南方週末などでは2012年5月、国営新華社通信副社長・庹震が広東省宣伝部長に就任して以降、さらに強まったという。

 南方週末と南方都市報の果敢な報道姿勢に対して共産党中央宣伝部は一貫して不快だった。02~12年まで中央宣伝部長を務めた劉雲山は同年11月の共産党大会を受けて党政治局常務委員に昇格。宣伝・メディア統括としてますます権力を強めたが、南方週末では自分たちへの露骨な言論介入を続ける「劉雲山・庹震体制」に不満が溜まっていた。

編集部おすすめの関連記事

新着記事

»もっと見る