2024年6月19日(水)

Wedge SPECIAL REPORT

2022年4月29日

戦争当事国の戦時報道は
「戦時宣伝」にほかならない

 筆者をふくめ多くの日本人は「戦争反対」を唱えているわけだが、それは核大国ロシアの侵略の前に抵抗を続けるウクライナへの同情を抱きつつの叫びである。マスコミの戦争報道もこうしたウクライナへの連帯を前提としていることをまずは直視するべきだろう。空爆で逃げまどうウクライナの人々を目にしてはロシア軍の残虐性を憎み、ウクライナ軍が侵略者を押し止め戦車を撃破するシーンでは思わず喝采したくなる。

ツイッター上では戦争のさまざまな動画や写真が「リツイート」されているが、その中で語られている「真実」が正しいかどうかは分からない

 そうした反応がごく自然なものだとすると、情報戦でロシア側にできることが限られていることは自明だろう。ウクライナ側が発信するニュースではそれが被害状況であれ攻勢シーンであれ、私たちの同情や共感に訴えるものになるが、ロシア側の発信するニュースはどれも反発を招く内容になる。つまり、ゼレンスキー大統領にとっては……

◇◆◇ この続きを読む(有料) ◇◆◇

◇◆◇ 特集の購入はこちら(有料) ◇◆

 
 
 
 

   
▲「Wedge ONLINE」の新着記事などをお届けしています。

Wedge 2022年5月号より
プーチンによる戦争に 世界は決して屈しない
プーチンによる戦争に 世界は決して屈しない

ロシアのウクライナ侵攻は長期戦の様相を呈し始め、ロシア軍による市民の虐殺も明らかになった。日本を含めた世界はロシアとの対峙を覚悟し、経済制裁をいっそう強めつつある。

もはや「戦前」には戻れない。安全保障、エネルギー、経済……不可逆の変化と向き合わねばならない。これ以上、戦火を広げないために、世界は、そして日本は何をすべきなのか。


新着記事

»もっと見る