2023年1月28日(土)

World Energy Watch

2013年3月27日

»著者プロフィール
著者
閉じる

西村 陽 (にしむら・きよし)

神戸大学経営学部非常勤講師

1961年富山県生まれ。1984年一橋大学経済学部卒業。1999~2001年学習院大学特別客員教授。2006~2008 大阪大学招聘教授。公益事業学会理事・同政策研究会幹事。国際公共経済学会理事。主著に『電力改革の構図と戦略』『電力自由化完全ガイド』等。

電力自由化した州に与える
シェールガスの影響

 テキサスでは、この供給予備力に低下と周波数調整予備力の低下という明らかな問題があるにもかかわらず、なかなか市場原理主義的思想から抜けることができずにいる。さらに米国エネルギー価格に大きな下落インパクトを与えるシェールガスも、電力が総括原価・小売独占で営まれている地域では地域の産業競争力を引き上げる強力な武器となるが、電力スポット価格の下落予測によってガスタービンへの新規投資への期待収益を大きく下げるので、電力自由化してしまった州にとってはさらなる供給予備力、周波数調整予備力の不足につながりかねない。

 再生可能エネルギーの伸び悩みと巨額なエネルギー輸入に苦しむわが国にとっては羨ましいテキサスの風力とシェールガスだが、一つ組み合わせを間違え、市場システムが悪い方向に作用するとこんな深刻なアイロニーもあるのであり、今後のわが国のエネルギー基盤や市場の使い方を考える際にはこうしたこともしっかり学んでいかなければならないのである。

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。


新着記事

»もっと見る