2023年1月27日(金)

世界の記述

2022年7月11日

»著者プロフィール

 このように現在の国際エネルギー情勢を俯瞰すると、中東にとってはマイナスとなるEUによる脱炭素化の推進と、中東にはプラスとなる、ウクライナ侵攻によるEUのロシア産エネルギー・ボイコットの動きが、混在した状態となっている。

中東諸国はいかなる生き残り策を講じるのか

 依然、石油・天然ガスの輸出収入が政府歳入の多くを占める中東諸国にとって望ましいのは、世界の大半の諸国が各国の経済を推進するために石油・天然ガスを一定程度、長きにわたり消費し続けていくことである。

 中東諸国の中でも、相対的に砂漠地帯など不毛な地域が多く、それゆえに自然の水資源にも恵まれず、しかも働き手となる人口も少ない、サウジアラビアをはじめとする、いわゆるペルシャ湾岸の「湾岸協力会議(GCC)産油国」にとっては、世界の脱炭素化の流れは最も好ましくないものである。

 プラス材料とマイナス材料の混在する国際エネルギー情勢の中、サウジを中心とするGCC諸国が、今後、いかなる生き残り策を講じることになるのか。中東・湾岸ウオッチャーとして、引き続き注視していきたい。

 
 『Wedge』2022年7月号では、「日本を目指す外国人労働者 これ以上便利使いするな」を特集しております。全国の書店や駅売店、アマゾンでお買い求めいただけます。
 〝人手不足〟に喘ぐ日本で、頻繁に取り上げられるフレーズがある。「外国人労働者がいなければ日本(社会)は成り立たない」というものだ。しかし、外国人労働者に依存し続けることで、日本の本当の課題から目を背けていないか?ご都合主義の外国人労働者受け入れに終止符を打たなければ、将来に大きな禍根を残すことになる。

◇◆Wedge Online Premium​(有料) ◆◇

 

  
▲「Wedge ONLINE」の新着記事などをお届けしています。

Wedge 2022年7月号より
日本を目指す外国人労働者 これ以上便利使いするな
日本を目指す外国人労働者 これ以上便利使いするな

“人手不足”に喘ぐ日本で、頻繁に取り上げられるフレーズがある。「外国人労働者がいなければ日本(社会)は成り立たない」というものだ。しかし、外国人労働者に依存し続けることで、日本の本当の課題から目を背けていないか?ご都合主義の外国人労働者受け入れに終止符を打たなければ、将来に大きな禍根を残すことになる。


新着記事

»もっと見る