チャイナ・ウォッチャーの視点

2013年9月2日

»著者プロフィール
著者
閉じる

阿古智子 (あこ・ともこ)

東京大学総合文化研究科准教授

1971年、大阪府生まれ。香港大学大学院博士課程修了。在中国日本大使館専門調査員、学習院女子大学准教授、早稲田大学国際教養学部准教授などを経て、2013年から現職。専門は現代中国論。著書に『貧者を喰らう国 中国格差社会からの警告』(新潮社)がある。

市民社会の成熟、民間ビジネス界が鍵を握る

 政治参加の自由に制約のある中国でも、インターネットの発達によって人々は公に意見を表すことができるようになった。そして、微博上では、百万、千万規模のフォロワーを抱える企業家ブロガーが登場し、世論の動向に大きな影響を与えている。

 今の中国の政治体制では、「公共企業家」が目立った勢力になることは許されない。しかし、社会的地位の高い企業家たちが、独立した立場から市民社会の重要性を説き、その発展のために具体的な行動を起こすというのは、非常に意義のあることだ。企業家が重視するのは当然金儲けだが、利益を最大化する環境を長い目で考えるなら、民主制度の構築が不可欠である。成熟した社会にはさまざまな社会団体や業界団体が存在する。それらは、法律に従う限り、政府とも平等な関係を築くことができる。企業家は自らの利権を排他的に守ろうとするだけでなく、社会的責任を果たすことによって、社会において高い評価を得ることができるはずだ。

 勇気ある企業家たちの前向きな行動が尊重されないどころか、弾圧の対象となるなら、中国経済にイノベーションは起きず、社会はますます衰退するだろう。中国を変えていくために、彼らの果たす役割は非常に大きいと言える。


(参考文献)
注1)「劉東昇:“正和島”為企業家提供交流平台」『新浪財経』2011年12月29日
http://finance.sina.com.cn/hy/20111229/235211096284.shtml
注2、6―8)徐梅・陳暁波「公民企業家站在十字路口」『南方人物週刊』2013年8月2日。
http://www.nfpeople.com/story_view.php?id=4702
注3)陳中小路・石暁霞「正和島“退島”風波:企業家該不該談政治?」『南方週末』2013年7月11日。
http://www.infzm.com/content/92318
注4)凌絶岭「尋找活着的馬小平老師“活動”始末」『共識網』2012年9月8日。
http://www.21ccom.net/articles/hdbd/2012/0918/67935.html
注5)陳海『九二派:“新士大夫”企業家的商道与理想』(中信出版社、2012年)


「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

新着記事

»もっと見る