2023年2月4日(土)

科学で斬るスポーツ

2013年10月22日

»著者プロフィール
閉じる

玉村 治 (たまむら・おさむ)

スポーツ科学ジャーナリスト、科学ジャーナリスト

小学校より野球をはじめ、大学では投手として活躍。スポーツを科学的に分析することを得意とし、バンクーバー、ロンドン五輪、ワールドカップサッカーなどで取材。

 星野監督「田中はリズムが良くて守りやすい」と語るように、堅守にもつながった。そして、先制を許しても、なぜか味方が点をとる逆転劇が多かった。調子悪い時でも3点以下に抑えていることが、連勝の原動力になったと言えるだろう。

 もちろんこのほかにも、田中のすごいところは少なくない。

 その一つが、地道な筋力トレーニング。入団時に比べ、田中の下半身は格段に太くなった。駒大苫小牧高校時代183cm、73kgだった体は、今は188cm、93kgに。太い体幹筋を形成している。

 そして、体の柔らかさもある。投球時の腕のしなりが極めて優れる。肘と手首を結んだ線が、地面と平行になるまでしなる。コントロールの良さにつながると言われ、ここまで柔らかい投手はそう多くない。代表は、ダルビッシュ。これは、投手にとって命とも言える、「肩甲骨」(肩裏側の平らな骨)の可動域が極めて大きいことを物語る。150kmを超える投手は、この肩甲骨がよく動く。

 シーズン負け知らずで終わったのは、相手チームがエース級を当ててこなかったこともあるが、そういう作戦を取らざるを得ないほど田中投手がすごいということであろう。

 人なつっこい笑顔。勝負時の顔との落差を大きく、心より野球を楽しんでいる。クライマックスシリーズも田中の不敗神話は続いている。いずれ記録は終わる日を迎えるだろうが、今後も奢ることなく、進化し続けて欲しい。それが次代の子供たちの目標になるからだ。大リーグへの挑戦も取り沙汰されるが、海を渡っても、渡らなくても華のある選手でいて欲しい。さらなるマー君の成長を願ってやまない。


「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

編集部おすすめの関連記事

新着記事

»もっと見る