2022年10月6日(木)

取り急ぎ1週間、育休頂きます ~丸の内経理マンの育休日記~

2013年11月7日

»著者プロフィール

 こういった偶然をピンポイントに狙うことは不可能なので、多少早すぎるかなと思っても、前倒しで応募して入れてしまうのも一つの作戦だと思います。前回書きましたが、両家の両親にも相談しましたし、しばらく短時間だけ預けてリトルMの様子も見ました(本人は保育園が非常に気に入ったようで安心しました。物心がつく前の方が順応しやすいそうです)。

 子育ての絶対エースはM女氏、頼れるセットアッパーは保育園、抑えの切り札が私。保育園は育メンを考える上で、欠かせない存在です。

 弊夫婦のケースは、非常に恵まれていたのかも知れませんが、自分たちの実例としてご紹介させて頂きました。何かの参考になれば、幸いです。

 明日は、パパ友Sといざ鎌倉旅行です。


「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

新着記事

»もっと見る