中国メディアは何を報じているか

2014年8月19日

»著者プロフィール
著者
閉じる

弓野正宏 (ゆみの・まさひろ)

早稲田大学現代中国研究所招聘研究員

1972年生まれ。北京大学大学院修士課程修了、中国社会科学院アメリカ研究所博士課程中退、早稲田大学大学院博士後期課程単位取得退学。早稲田大学現代中国研究所助手、同客員講師を経て同招聘研究員。専門は現代中国政治。中国の国防体制を中心とした論文あり。

2014西安「性博覧会」公式サイト: 会場には大勢の人が殺到している様子が窺える。目玉はセクシーな下着モデルショーだ

 我々中国人の子宮はこの民族の未来を託すに堪えられますか。女性は大地、女性は国民の母です。でも誰が民族の未来を託す母親を混乱に陥れようとしているのか。民族の男女が淫乱に溺れて文天祥や岳飛のような英雄は出てくるか(文天祥:宋時代の軍人・政治家、元の国に捉えられ寝返るように求められたが断り刑死;岳飛:南宋期の武将、女真族の国、金との戦いに連戦連勝したが無実の罪で投獄され非業の死を遂げた:筆者)。花木蘭や孟子、岳飛の母親は出てくるか(花木蘭:男装して異民族と戦い北魏を連勝させた女傑、京劇やディズニーのアニメ映画にもなった;孟子:中國戦国時代の儒学者、仁義による王道政治を説いた:筆者)。享楽に浸りきって我々の文化の根はまだ腐らずにいられるのか。

 「孝悌忠信、礼儀廉恥」(父母に仕え、目上の人によくしたがうこと、礼を尊び 儀を 重んじ 清く正しく無欲で 恥を知ること:筆者)は終始中華民族の終わりなき精神脈絡として続いてきたのです。恥辱なくして「孝悌忠信、礼儀廉恥」がありうるでしょうか。この民族に神聖な子孫がありえるのでしょうか。もし我々中華の伝統的倫理道徳の滋養がなくなったら何を以って中国人といえるのでしょうか。最も恐ろしいのは物質的に貧しい事ではありません。精神的な乞食になり下がることが恐ろしいのです。民族が皆倫理道徳において、そして正確な世界観が転覆したとして人々は貧困を笑っても娼婦を笑わず、この世界の家庭や男女がみな色情に侵食されたとしたら何を以って中国の夢を持てるのでしょうか。

中華民族の危機?

 35年前一人の若い兵士が「対越自衛反撃戦争」(中国での中越戦争の呼称:筆者)で犠牲になり、その母親が35年経って初めて墓参りした。彼女は墓参りしたくなかったのではありません。35年経って初めてお金を充分に貯められたのです。年老いた母親は墓碑をさすりながら涙を流しました。こうした情景は今日のこうした場面と比べようがありません。

 私たちはあの年老いた母親や犠牲になった烈士たちにどう顔向けできるのでしょう。抗日戦争や解放戦争での烈士が今日我々の幸せな生活のために血沸き肉躍る人生を犠牲にしたのです。彼らが自分の命をこのような恥知らずの腐った生活のために犠牲にしたと分かったら墓から飛び出してきて良心がない子孫を叱りつけるでしょう。

関連記事

新着記事

»もっと見る