それは“戦力外通告”を告げる電話だった

2015年10月2日

»著者プロフィール
著者
閉じる

高森勇旗 (たかもり・ゆうき)

元プロ野球選手

1988年生まれ。富山県高岡市出身。中京高校から2006年横浜ベイスターズに高校生ドラフト4位で入団。田中将大、坂本勇人、梶谷隆幸やと同学年。12年戦力外通告を受けて引退。ライター、アナリスト、マネジメントコーチなど引退後の仕事は多岐にわたる。

 「性格も悪い、口も悪い、態度もでかい。そんな自分の行動のせいで野球に戻れんかった。そんな自分を反省するというかね、ちゃんと感謝の気持ちをもってやろうと決めて、開業した」

 多額の借金を背負っての開業だったが、経営は順調。そのほとんどを返し終えた。

 「形のないものを買ってもらって商売をしている俺にとって、大切なのは人間力だよな。人間力ってのはさ、“危機になったときにどれだけ身を挺せるか”だと思う。“ありがとう”とか“すみません”って言葉の大切さを、身にしみて感じているよ」

 6年前、長きにわたる闘病の末、妻は他界した。7回忌を迎えるにあたり、南牟礼は新たな使命を感じている。

 「下の子がダウン症で、心臓に穴が空いていてね。だから、障がいを持った方の支援をできないかと考えている」

 自らの現役時代、その活躍を支えてくれた恩人は数知れず。今度はそのお返しができないかと、様々な活動を考えている。「野球ができるうちは、なんとかして野球に携わりたい」。

 なんだかんだ言って、南牟礼は野球人である。青春のすべて、人生のすべてを賭けてきた野球への思いが消えることはない。学生野球指導資格を取得し、指導者への道も見えてきた。次の夢は、高校野球の監督になることだという。

 「野球だけじゃなく、体もみてあげられる。監督、やってみたいねぇ」

 野球選手たるもの、ユニフォームを脱いで一個人になったときに、どれだけ魅力的なのかが大事だと力説する。その眼には強い意志を感じ、深い愛がある。

 いつの日か、甲子園の勝利監督インタビューで、その軽快な語りを聞いてみたいものだ。きっとその高校の選手たちは、応援してくれる方々への感謝の気持ちを胸に戦うのだろう。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆Wedge2015年10月号より

 


 

 

関連記事

新着記事

»もっと見る