海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年5月4日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

 さらに、クリントン陣営はミシガン州やニューヨーク州と同様、ペンシルべニア州においても戸別訪問におけるボランティアの若者不足の問題を抱えていました。筆者が参加した同州フィラデルフィアにおける戸別訪問の例をとってみましょう。有権者名簿には、1回目と2回目の訪問のチェック欄がありました。標的としている有権者が不在の場合、ボランティアの運動員は再度訪問して、クリントン候補を支持しているのか否かを確認します。クリントン陣営は、投票日当日になっても1回目を回りきれていませんでした。 

戸別訪問をするボランティアの運動員(@ペンシルベニア州フィラデルフィア北部)

 2008年米大統領選挙では、投票日当日バージニア州においてオバマ陣営は3回目、12年は2回目を回っていました。ボランティアの若者が戸別訪問に参加したからです。クリントン陣営のボランティアは中高年が圧倒的に多く、戸別訪問に機動力が欠けているのです。

 ペンシルべニア州ではクリントン陣営は、若者不足を補うために米国国際サービス従業員労働組合(SEIU)並びに米国教員連盟(AFT)の力を借りていました。この点も、ミシガン州及びニューヨーク州と類似しています。同陣営がペンシルべニア州フィラデルフィアに置いた戸別訪問の拠点は、米国国際サービス従業員労働組合の建物の中にありました。クリントン陣営は、労働組合員を動員しても標的となっている有権者をすべて訪問することはできなかったのです。

エキサイティングと情熱

女性大統領候補誕生を支持する看板を掲げる女性のクリントン支持者。ポッタス(POTUS)は「President of the United States」の略(筆者撮影@ペンシルベニア州フィラデルフィア市役所)

 選挙では選対に、エキサイティングと情熱があるか否かは重要な要素です。これまで筆者が各州で観察してきた限りでは、仕事の延長として戸別訪問に参加している組合員は、クリントン選対にエキサイティングや情熱をもたらすことはできないのです。地上戦の核となる戸別訪問とエキサイティング並びに情熱に関して、「トランプとサンダースポピュリスト旋風は続かない-コノリー米下院議員に聞く」で紹介した特別代議員でありクリントン候補を支持しているジェリー・コノリー下院議員(民主党・バージニア州)にインタビューを行いました。

 コノリー下院議員は、コノリー陣営の戸別訪問に参加した労働組合員が不平や不満を漏らし、標的となっているすべての家を訪問しなかった苦い経験を語ってくれました。同下院議員は、労働組合員とは異なり、戸別訪問のプロは非常に効果的であると強調します。ただ、労働組合員と同様、戸別訪問のプロも陣営にエキサイティングと情熱をもたらすことはできません。そこで、同下院議員は、戸別訪問はプロと若者の組み合わせがベストであると結論づけています。

関連記事

新着記事

»もっと見る