定年バックパッカー海外放浪記

2016年9月25日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年、横浜生まれ。神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

ディナーの後は“国別対抗歌合戦”

オランダ・チームのおばさん二人組

 かなり豪華なコースのディナーが終わり赤ワインの酔いが回ってきたころに、派手な伊達メガネをかけたコメディエンヌ風のボランティアスタッフのオバサンが食堂の中央の演台に立って「私はユーロビジョンのアナウンサーのバーバラです。これから国際ソング・コンテストを開始します」とファニーフェイスでジョークを飛ばしながら挨拶。

 彼女の登場で食堂は爆笑の渦に。バーバラは昼間普通のボランティアスタッフとしてゲストの受付をやっていた。彼女はシンガポールにあるオーストラリア子女の小学校の教師をしており学校が休暇期間中なのでボランティアに来たと話していた。

国別チームの結成

ブラジルはお兄さんが「イパネマの娘を熱唱」

 司会のバーバラは会場を見渡して人数が多そうな国から確認していく。「それではこの食堂で最大多数と思われるフランス人は手を上げてね。ダメダメ、イタリア人はまだ大人しく待っててね」と呼びかけると8人が挙手。

 「次はどうもうるさい英語が聞こえてくるからアメリカ人がいるようね。一斉に両手を真上に挙げてちょうだい」と叫ぶと8人が挙手。

 「それじゃ―さっきから騒がしいイタリア人は右手を挙手してね」というと5人が反応。「残りはどこかな。少数派はそれぞれ自己申告してね」というとパク牧師が「コリア2名」と名乗りでる。バーバラが私を指さして「あんたはチャイナなの?」と聞くので「ジャパンは全員で4名」と申告する。

 そのあと、オランダのおばさん2人組が名乗り出て、最後にブラジルのお兄さんが「ブラジル1名」と申告してチーム確認完了。

バーバラの司会で各国チームは次々にお国自慢を披露

 バーバラは「さー、それでは栄えあるトップバッターはどこの国でしょうか? そうですね、最初はやはり世界で一番偉大な国であると誤解している人々の国。アメリカ合衆国の皆さまをお迎えしましょう」と声を張り上げる。

関連記事

新着記事

»もっと見る