田部康喜のTV読本

2017年1月18日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

コラムニスト

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

 わき役陣も魅力的な人物像に仕上がっている。若手の柳楽優弥(やぎら・ゆうや)は、是枝裕和監督の映画「誰も知らない」(2004年)において、当時14歳でカンヌ国際映画祭の史上最年少の男優賞を獲得している。最近では、宮藤官九郎脚本の「ゆとりですがなにか」(日本テレビ・2016年)で、有名中学に首席合格しながら落ちこぼれて風俗店を営む道上まりぶ役が印象に残る。

 担任として手を焼く女生徒役・礼美の石井杏奈は、成島出監督の映画「ソロモンの偽証」(2015年)において、事件の重要なカギを握る三宅樹理役で女優としての存在を現した。

 優れたドラマは世相を反映し、ミステリーのような味わいを持っているものである。今回の井上由美子の脚本には期待できそうだ。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る