ネルソン・コラム From ワシントンD.C.

2011年6月16日

»著者プロフィール
著者
閉じる

クリス・ネルソン (Christpher Nelson)

政治ジャーナリスト

アメリカのシンクタンク「サミュエル・インターナショナル・アソシエイツ」所属。特に日本、中国・台湾、朝鮮半島問題に焦点を当てたアジア外交政策のコンサルタント。1970年より下院外交委アジア小委員会のスタッフや上院民主党政策委員会のアジア政策顧問などを歴任した経験により、議会のみならず米政権の内情に詳しい。現在は、外交政策や通商問題のインサイダー情報誌「The Nelson Report」発行。

 公の全体会議の場でも、中国による継続的な北朝鮮支援をはじめとした本当に論争を呼ぶ対中問題に関する非公開会議の場でも、活発な議論が行われた。北朝鮮問題については、梁国防相が極めて重大な発言をしたというのが筆者の見解だ。実際、中国政府高官からこれほど詳細にわたって聞いたことがない内容だった。

中国がハッキリ主張し始めた
北朝鮮に政府レベルで働きかけ

 読者の皆さんもご承知の通り、米国と日本は長らく、北朝鮮に対して中国が持つ影響力は中国自身が認めるよりはるかに大きく、また、中国が時折そうした影響力を駆使すれば北朝鮮は行いを改める可能性があると訴えてきた。

 昨年3月に韓国海軍哨戒艦「天安(チョンアン)」を沈没させて大勢の死者を出した北朝鮮の攻撃に続き、秋には北朝鮮が韓国の延坪島(ヨンピョンド)を砲撃したことを受け、韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は年末に、次に北朝鮮が軍事攻撃をしかけてきた場合には韓国は報復攻撃をすると脅した。

 米統合参謀本部のマイク・マレン議長を含む米国政府高官らは、東京の講演でもソウルの講演でも、韓国が軍事的手段によって報復せざるを得ないと感じることがあれば、相互防衛条約の条項に従って米軍も同調すると述べた。

 米韓両国による脅しが北京で極めて真剣に受け止められたことは、ほぼ間髪入れずに明らかになった――もっとも、平壌が真剣に受け止めたかどうかは、まだ分からない。

 時計の針を進めよう。去る6月4日日曜日、中国の梁国防相は我々に向かって以下のような驚くべき主張をした。

 「・・・ロシアと中国は北朝鮮の核兵器や北朝鮮の緊張の高まりに反対している。この立場は周知の通りである。現在、朝鮮半島情勢は平和的な礎に向かいつつある」

 「私は韓国の金寛鎮(キム・グァンジン)国防相と米国のゲーツ長官と会談した。我々は皆、深い懸念を抱きながら事態の成り行きを見守っている。緊張が起き得る状況が続くのを許すことは望ましくないと考えている・・・国際的な緊張を招くのは望ましくない」

 「中国の観点からすると、中国は多くの問題について韓国、北朝鮮双方と協力しており、我々が北朝鮮と一緒に成し遂げた仕事は、諸外国が考えているよりずっと多い。我々は文民、軍人双方の政府のすべてのレベルと協力しており、彼らに『危険を冒すな!』と説いている」

 「我々はまた、日本および韓国とも極めて活発な協議を行っている。協調した努力の結果、緊張は和らいできた」

 「我々はすべての関係国に自制を求める。関係者全員が平和と安定のためにもっと努力を重ねること、武力に訴えないこと、そして緊張がエスカレートしないことを願っている。我々は状況を鎮める必要がある。それが朝鮮半島の平和と安定のためになる」

 ここで注意してほしいのは、中国が「文民、軍人双方の(北朝鮮)政府のすべてのレベル」と協力しているという梁国防相の驚くべき主張である。

 我々が「驚くべき」と言うのは、確かに中国政府は今年1月以降、2010年の残虐な攻撃をやめて6カ国協議に復帰するよう北朝鮮政府に圧力をかけていることを米国に知ってもらいたがっていたとはいえ、この声明は中国の国防相が様々なレベルで北朝鮮政府高官に直接「働きかけている」ことを示しているからだ。

次ページ ちょっと不自然? 日米同盟に触れない北澤防衛相

関連記事

新着記事

»もっと見る