From LA

2018年12月10日

»著者プロフィール
VRによる試乗体験(Photo by Jack Kan)

VRによる「試乗」体験

 また、ボルボではブース内にVRによる「試乗」体験スペースも備えていた。ヘッドセットを装着し、実際の車の車内、操作などを体験できる、というもので、PCソフトとヘッドセットさえあれば今後は自宅でも車をリアルに体感することも可能になるかもしれない。

 こうした現状に危機感を覚えたディーラーは多いはずだ。実際の車を見せなくてもVRがあれば人々はある程度満足する。また定額制での車の利用がポピュラーになれば「車を買う」という行為そのものにも変化が起きるだろう。

 すでにEVベンチャーの多くはテスラ方式でディーラーを通さない直接販売の形式を取る、と明言している。大手自動車メーカーもスマホアプリなどで車の注文、販売を受け付けるようになってきた。もちろんまだ実車の受け取りはディーラーで行われるし、メンテナンス等も基本はディーラーだ。しかしディーラー網を通した販売、という形式がそのうち廃れて行くのは最早止められない傾向なのかもしれない。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る