WEDGE REPORT

2019年2月28日

»著者プロフィール
閉じる

風樹茂 (かざき・しげる)

作家、国際コンサルタント

作家、国際コンサルタント(kazakishigeru@gmail.com)。1956年、北海道生まれ。東京外国語大学スペイン語学科卒業。メキシコ留学後、中南米の専門商社を経て、南米アマゾンの奥地でODAプロジェクトの鉄道建設にかかわる。その後は、シンクタンク、研究所勤務などで、首相向けの政策提言、ODA援助、海外投資、NGOプロジェクトに従事。イスラム開発銀行のコンサルタントも経験し、30数カ国を踏査。石油関連事業でカタール、ベネズエラに駐在。

マイアミに移り住んで

 フロリダ州には40万人前後のベネズエラ人が住んでいる。今回たまたま仕事上出会ったのは、6年前の2013年に家族とともにマイアミに移住したスリア州、マラカイボ出身のベネズエラ人、オスカル・カスティーヨだった。もともとスリア州は社会主義や共産主義には親和感がなく、反チャべスで一貫していた。

 「ベネズエラでは何をやっていたんだい?」

 「マラカイボでは外資系の会社で石油採掘の仕事についていたよ。その後は船だよ。PDVSA(石油公社)の原油を輸出していた。ホセの港やプレルト・ラ・クルスからね。アジアは台湾の港に行ったことがあるよ」

 偶然、筆者と同じプエルト・ラ・クルスのPDVSAでも働いていたのである。彼は前日に日本政府がグアイドを支持する声明を出したことを、歓び、私に感謝した。

 そう、日本がグアイド暫定大統領を支持しているというニュースはインターネットでベネズエラほか国際社会を駆け巡り、何100万人のベネズエラ人が勇気づけられ、感謝の念を抱いている。思っているほど日本は小国ではないし、遠い南米にも影響する。

 「マイアミで住んで、働いて思うところがあるかい?」

 「これまで何度もマイアミに来ても旅行者の立場だったので、その内実を知ることはなかった。働いてみてベネズエラとは大違いだと気がついたよ。海外に出て働いているベネズエラ人がこの経験を本国に伝えることができれば、いいと思う」

 「国が崩壊したことの教訓があるということか?」

 「そのとおりだ。ベネズエラ人は国から与えられる、あるいは国から奪うことしか考えていない。とりわけ、社会主義になってから、国に与えられることに慣れてしまった。でもアメリカは違う。働いて税金を支払う。自ら行動しなければならない自立の精神がある。ところが、ベネズエラでは、たとえばひと月は働いても、鳥肉を買えるか買えないかだ。それだったら働くのではなく、国からの配給を待ったほうがよい。そんな考えになってしまった」

 今、彼や私が働いていたPDVSAでは月収10ドル前後なので、オフィスに出て来ない社員が続出している。知らぬ間に移住していたり、あるいはベネズエラに留まる社員は、闇商人になったり、ほかの私には想像もつかないことで、ドルを得ているのだろう。いまだ会社を辞めないのは、年金に期待しているからである。

 また誰かのレポートで政府関連組織で勤務する人間は、政府を支持している、という文面を見たことがある。まったくの間違いである。政府そのものといっていいPDVSAの同僚たちは、私に「あいつらは全員死刑にしてやりたい!」と明言していた。

 このような状態なのにプエルト・ラ・クルスとその隣のレチェリアでは、最近一層寿司屋が増えたという。金持ちはたくさんいるのだ。困ってもいない。政府関係者、麻薬密売者、他の犯罪者、以前からの資産家、海外からのドル送金があるものなど、むしろ自国通貨の下落で、モノが安くなり恩恵を受けることさえある。

 「結局仕事は何をやっている? 移民するベネズエラ人の多くは大卒で何かしらの専門性を持っている。でもそれを生かすのは難しいと聞いているが?」

 「そのとおり。専門を生かそうとしても、難しい。需要のある仕事をやるしかない。僕の場合は仕事を掛け持ちしている。この輸出検査官の仕事はアルバイト。船や油について知っているので、企業に登録できた。実は掃除の会社を持っているんだ。オフィスを中心に人を派遣している。ここでは、10時間、12時間と働いても、文句をいえない。もっともベネズエラのときと比べて私的な時間は全くなくなってしまった」

 「マドゥロはどうなる?」

 「話しあいのときはもう過ぎた。アメリカが2、30人規模の秘密部隊を送れば、それでマドゥロは倒れるのでは」

関連記事

新着記事

»もっと見る