WEDGE REPORT

2019年2月28日

»著者プロフィール
閉じる

風樹茂 (かざき・しげる)

作家、国際コンサルタント

作家、国際コンサルタント(kazakishigeru@gmail.com)。1956年、北海道生まれ。東京外国語大学スペイン語学科卒業。メキシコ留学後、中南米の専門商社を経て、南米アマゾンの奥地でODAプロジェクトの鉄道建設にかかわる。その後は、シンクタンク、研究所勤務などで、首相向けの政策提言、ODA援助、海外投資、NGOプロジェクトに従事。イスラム開発銀行のコンサルタントも経験し、30数カ国を踏査。石油関連事業でカタール、ベネズエラに駐在。

扶助団体「マイアミのベネズエラ人」

 ベネズエラ人を扶助する団体の管理者とのやりとりである。
 
 「ベネズエラ人にとってマイアミでの生活は?」

 「マイアミにはベネズエラと違って食べ物はいくらでもある、エアコンもある、あらゆるサービスはある。でも故郷にいないと、孤独だし、失望することも多い。とりわけ最初は厳しい」

 「最初はどんな職に就く?」

 「普通、レストランで働く。掃除をし、ボーイやウエイトレスとして皿を運び、ときにそれを洗う。根をあげる人も多い。サイトで職を紹介しても時給9ドルでは安いと文句をいう。けれども、時給18ドル、20ドルは専門性のある仕事だ。困るのは、できるといって、できないものもいることだ。もちろん、中にはゼロから初めて起業化するものもいる。たとえば私たちはベネズエラのバルキシミエントで、アレパのレストランを持っていた。3カ月後にマイアミでArepa Express USAを開くつもりだよ。資本主義の人生は希望と克服がある」

 「トランプの演説には行ったかい?」

 「テレビでも見ていないよ。あそこを訪れるのは、インチキの亡命者さ。国を思っていくのではなく、写真を撮って、ツイッターやフェースブックで見せるために行くだけだ。われわれは、仕事を得る手伝いをし、助言を与え、弁護士を紹介し、もっと実践的なことをしている」

関連記事

新着記事

»もっと見る