前向きに読み解く経済の裏側

2019年5月13日

»著者プロフィール

シニア層の転職は増加し、ジョブ型が中心に

 一方で、人生100年時代を迎えてシニア層の転職は増加して行くでしょう。役職定年になったシニアにとって、今の会社に定年までしがみついていても、以前の部下にお仕えすることになったりして、それほど幸せではないでしょうから、転職のインセンティブは高いでしょう。

 その場合には、「大企業で経理の仕事を20年やりました」といった経歴を生かして、中小企業に「副業」として勤めてみて、お互いが納得した段階で転職する、といった形態が可能です。

 そうしたジョブ型採用であれば、採用側としては「優秀だけれども年齢だけを理由に冷遇されている人」を安い給料で雇えるかも知れません。一方で転職者としては「世の中で自分を必要としている職場があるので、そこで働く」ということが可能になります。これはウインーウインの関係と言えるでしょう。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る