VALUE MAKER

2020年1月12日

»著者プロフィール
閉じる

磯山友幸 (いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

1962年東京生まれ。1987年早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞で証券部記者、同部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め、2011年3月末で退社、独立。現在、経済政策を中心に政・財・官を幅広く取材、各種メディアに執筆するほか、講演やテレビ出演、勉強会の主宰など幅広く活躍している。オフィシャルHP(http://isoyamatomoyuki.com/)

著書に『2022年、「働き方」はこうなる』(PHPビジネス新書)、『理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』(日経BP)、『国際会計基準戦争 完結編』(日系BP)、『ブランド王国スイスの秘密』(日経BP)など。共著に『オリンパス症候群 自壊する「日本型」株式会社』(平凡社)、『株主の反乱』(日本経済新聞社)などがある。

早稲田大学政治経済学術院(大学院)非常勤講師、上智大学非常勤講師。ボーイスカウト日本連盟理事。静岡県ふじのくにづくりリーディングアドバイザーも務める。

日経ビジネスオンライン(日経BP)、現代ビジネス(講談社)、フォーサイト(新潮社)、月刊 WEDGE(ウェッジ)、月刊 エルネオス(エルネオス出版)、フジサンケイビジネスアイ(産経新聞社)などに連載コラムなどを持ち、定期執筆している。

 府市は二つのシンボル的なハード整備を進めていた。一カ所は大阪ミナミの中心地にある道頓堀。もう一カ所は京阪電鉄天満橋駅北側の八軒家浜(はちけんやはま)だった。八軒家浜は北浜のすぐ隣。川の上流だ。

 泉さんの呼びかけに応じたひとりが山根秀宣さん。不動産賃貸業を営む傍ら、大阪の魅力再生を目指す「大阪まちプロデュース」を主宰する人物だ。ちょうど売りに出た北浜の土佐堀川に面したビルを買うかどうか迷っていた。「どう考えても値段が高くて賃貸では採算が取れない。しかし、話は面白いので、会社で買うのは諦めて、自分個人で買うことにしたんです」と山根さんは振り返る。06年のことだ。

取り組みに大いに賛同してくれた山根さん

 泉さんの真骨頂は、行政でも大企業でも、小さなビルのオーナーでも、どんどん巻き込んでいく力を持っていること。その人脈と調整力は関わった人の誰もが認めるところだ。

 08年10月、誰が見ても不可能と思われた「川床」を実現にもっていった。ただし1カ月だけの期間限定だった。北浜の「そば切り てる坊」など賛同した3店が川床をオープンした。大阪のほとんどと言ってよいメディアがこれを取り上げ、大人気になった。あっと言う間に予約で埋まり、当時大阪府知事だった橋下徹氏すら視察できないほど。大成功を収めた。

 泉さんたちは川床の「常設化」に向けて動き出す。河川管理者の大阪府も「問題が起きた時や毎日の運営に責任を取れる地域主体があるなら考える」と柔軟な態度を示した。1カ月の実験の結果が効いていた。泉さんはオーナーたちと「北浜水辺協議会」を設立。デザインや運営ルールを決めたうえで、行政から常設の許諾を得た。今、「北浜テラス」は15店舗が川床を出し、年間2万人だった利用者が20万人に膨れ上がっている。

土佐堀川沿いにテラスが出され、夜風をあびながら食事を楽しむ

出身地の東京から大阪へ

 もともと泉さんは大阪人ではない。1971年東京生まれ。手塚治虫の全集を読み漁(あさ)っていて地球環境問題に関心を持った。大学を選ぶ時に、珍しく「環境工学科」というのがあった大阪大学に進学した。それが、大阪との出会いだった。

 大学時代はバックパックで世界を回り、バイクで国内を旅した。環境に興味があった泉さんが都市再生に取り組むきっかけになったのは、3年生の時、「都市再開発」という授業を取ったこと。「面白くて夢中になり、全部真面目に出た」と泉さんは振り返る。卒業後、都市計画の専門家である石関雍夫氏の下で10年間修業を積み、04年にハートビートプランを設立した。

 道頓堀もかつては水質浄化のためのかくはん装置があって舟が通れないドブ川だったが、今ではすっかり変わった。観光客を乗せた大小さまざまな舟が通り、有名なグリコの看板を下から見上げている。中之島公園から土佐堀川を下って木津川に入り、道頓堀川を通って再び中之島公園に戻るという、市内をぐるっと一周する船旅も楽しめるようになった。

 水都大阪で船を操る中野弘巳さんはNHKのディレクターを辞めて「御舟かもめ」を開業。オーナー兼船長となった。チャーターで観光コースなどを巡る。「船会社もたくさん増えています。道頓堀など人気スポットに近い船着き場は予約でいっぱいで、なかなか着岸できません」と人気ぶりを語る。

関連記事

新着記事

»もっと見る