From NY

2020年1月25日

»著者プロフィール
閉じる

田村明子 (たむら・あきこ)

ジャーナリスト

盛岡市生まれ。1977年米国に単身留学し、1980年から現在までニューヨーク在住。著書に『ニューヨーカーに学ぶ軽く見られない英語』(朝日新書)、『知的な英語、好かれる英語』(生活人新書)、『女を上げる英会話』(青春出版社)、『聞き上手の英会話』(KADOKAWA/中経出版)など。翻訳書も多数。フィギュアスケートライターとしても知られており、『挑戦者たち-男子フィギュアスケート平昌五輪を超えて』(新潮社)で2018年ミズノスポーツライター賞受賞。

白人男性のヒーローから多様性へ

 「スターウォーズ」第一作は、主役3人ともが白人だった。1977年当時はそのことに誰も疑問を持たなかったし、「なぜ白人の俳優ばかり使うんだ」という批判の声も、どこからも出てこない時代だった。

 折しもつい先日2020年のアカデミー賞ノミネート作品が発表になり、「白人以外の候補者が少なすぎる」「特に監督賞の候補者が男性に偏りすぎている」と批判されている。筆者はこの過去1年に公開された映画をすべて見たわけではもちろんないので、今回のノミネートのラインアップがフェアなのかどうか判断はできない。

 だが現実のアメリカを見るとトランプ大統領政権の影響により、社会は保守派へ、白人至上主義へと逆行しつつある傾向は否定できない。

 そんな中で公開された「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」。もちろんできるだけ多くの客層を取り込もうという商業的意図もあっただろう。それでも42年前には、ハリウッドがこのような多様性を強調したキャスティングで娯楽映画の大作を作るということはあり得なかった。その意味で、スターウォーズは図らずも一つの時代を象徴するシリーズになったのではないだろうか。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る