海野素央の Love Trumps Hate

2020年4月22日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

標的はミシガン州知事

 特に外出禁止令を出した野党民主党の知事は、トランプ大統領及び抗議活動家の標的になっています。11月3日の大統領選挙で激戦が予想される中西部の民主党知事であればなおさらのことです。

 というのは、2016年米大統領選挙でトランプ大統領は民主党からミシガン州及びウィスコンシン州を奪還し、ライバルのヒラリー・クリントン元国務長官に大きなダメージを与えることができたからです。11月の大統領選挙でトランプ氏はミシガン州を最重点州に置き、死守する構えです。

 女性知事であればトランプ氏の攻撃を受ける可能性はさらに高まります。ジョー・バイデン副大統領候補(77)が、女性の副大統領候補を指名すると宣言したからです。ミシガン州のグレッチェン・ホイットマー知事(48)は、「民主党知事」「ミシガン州」「女性」の3条件を満たしています。

 以前述べましたが、筆者は3月にミシガン州デトロイトにあったバイデン前副大統領の選対に研究の一環で入り、電話による支持要請及び戸別訪問を実施しました。予備選挙の前日の同月9日、バイデン氏はデトロイトで支持者を集めた集会を開いています。その集会にホイットマー知事が駆けつけて応援演説を行いました。筆者の観察によれば、同知事は支持者を鼓舞できる知事です。

 抗議活動家に対してホイットマー知事は、「私はあなたの表現の自由の権利を支持し、意見に敬意を払っている」と述べた上で、「自分を危険にさらすな。他人を危険にさらすな」と警鐘を鳴らしました。さらに、「私はマスクをぜすに(抗議活動家が)集まっているのを見て本当に失望した」と率直な感想を漏らしました。

 ホイットマー知事はバイデン氏の有力な民主党副大統領候補として名前が挙がっています。一般に米大統領選挙では副大統領候補の影響力は大きくないと言われていますが、トランプ大統領はホイットマー氏を警戒しています。おそらく、本選に入る前に叩いておきたいのでしょう。

関連記事

新着記事

»もっと見る