海野素央の Love Trumps Hate

2020年4月22日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

コロナよりもバイデン対策

 ミシガン州はコロナ感染による死者数が2468 人(4月20日時点)で、全米3位です。厳格な外出禁止令により感染者数及び死者数の減少を図りたいホイットマー知事にとって、トランプ支持者の抗議運動はマイナス要因であることは言うまでもありません。彼らの活動により、州が混乱し、しかも感染拡大が進めば、ホイットマー氏は知事としての危機管理能力が問われます。その結果、「失敗した知事」とレッテルを貼られるでしょう。

 仮にバイデン氏がホイットマー知事の副大統領候補指名はリスクが高いと判断し、指名を諦めれば、トランプ大統領は本選に入る前に彼女を打ち落としたことになります。

 結局、連日の記者会見でコロナ対応に取組んでいる姿勢を見せているトランプ大統領ですが、実はその一方で抗議活動家を利用してバイデン対応を行っているのです。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る