2022年10月2日(日)

チャイナ・ウォッチャーの視点

2022年2月8日

»著者プロフィール

 「鳥の巣」と呼ばれる中国国家スタジアムを覆い尽くした、北京冬季五輪の開幕を告げる緑と青の光。世界はその美しさに圧倒され、「外交ボイコット」をはじめとした北京冬季五輪を取り巻く論争のことなど忘れてしまったかに見える。しかし外界は今こそ、この背後に隠された政治的な意図を深く考えるべきである。

華やかな演出がなされた北京冬季五輪開会式。その裏にあった政治的な意図とは(新華社/アフロ)

緑と青の開会式の背後にあるもの

 まず、緑と青で見事な統一感を実現した開会式の光景は、総監督を務めた張芸謀氏をはじめとした制作スタッフが広く共有する中国ナショナリズムの信念と、五輪に関する全てを自ら指揮・監督すると称する習近平国家主席の信念が高度に結合したものである。

 それは第一に、「緑の水と青い山は金の山、銀の山」という、環境保護をめぐる習近平語録の明確な再現である。習近平はかつて浙江省トップとして「環境保護とエコビジネスに力を入れてこそ健全な経済発展を加速できる。環境破壊の後でいくら金銀を積んでも豊かな環境を買うことはできない」と主張した。これが今や、風力・太陽光発電や電気自動車(EV)の推進などエコビジネスで世界を主導しようとする中国の指導思想となっている。

 第二に、この開会式は中国が掲げる「人類運命共同体」の構築に向けた強力なメッセージである。『人民網』に掲載された解説によると、各国代表団の入場行進で掲げられた雪の華をつなげ合わせて最終的に聖火のトーチが差し込まれた巨大な雪の華は、「世界が団結してともに未来に向かう人類命運共同体の構築を体現したものであり、古い文明を誇る中国の《世界大同・天下一家》という人文精神を表現したものである」という。そして「世界は北京冬季五輪を通じて、一つの真実の中国を感じ取り、中国の前進の歩みがさらに自信に満ち、従容たるものであることを感じ取る」よう期待されているという。

 なるほど、この雪の華は、中国の聖火を中心に、世界中の国・地域の名前が取り囲むようになっている。「天下」の中心に「正しい」中華の文明を体現した天子=皇帝が君臨し、四方のあらゆる国々の王が恭順を示して朝貢し、皇帝がその誠意を評価して恩恵を加えることで、「天下」の人々は差異を超えて「大同」「一家」の喜びを享受するという、前近代の「中華」中心の世界観を何と巧妙に表現していることか! 

五輪を裏で貫くのは黄河が生んだ中華文明

 この発想は、「黄河の水、天上より来たる」という紹介のもと氷の立方体が現れ、それが割れる中から「中国北京」という文字が現れたことからも見て取ることができる。

新着記事

»もっと見る