2022年9月26日(月)

From NY

2022年7月14日

»著者プロフィール
閉じる

田村明子 (たむら・あきこ)

ジャーナリスト

盛岡市生まれ。1977年米国に単身留学し、1980年から現在までニューヨーク在住。著書に『ニューヨーカーに学ぶ軽く見られない英語』(朝日新書)、『知的な英語、好かれる英語』(生活人新書)、『女を上げる英会話』(青春出版社)、『聞き上手の英会話』(KADOKAWA/中経出版)など。翻訳書も多数。フィギュアスケートライターとしても知られており、『挑戦者たち-男子フィギュアスケート平昌五輪を超えて』(新潮社)で2018年ミズノスポーツライター賞受賞。

オミクロン変異株で今後どうなるか

 ところが、この独立記念日から4日たった7月8日、案の定、ニューヨーク市保健当局はツイッターで市内の感染率が9%を超えたと警告を発した。

 ニューヨーク州では現在、感染力の強いオミクロン変異株BA.5が全体のおよそ4割を占め、保健当局は再び屋内でのマスク着用の必要性を強調している。重症化のリスクはそれほど高くないとはいえ、ワクチン、過去の抗体もあまり予防効果がないというこの変異株で、秋に本格的な第六波が来ることも懸念されている。

 だが前述のように、ブロードウェイではマスク着用ルールを解除したばかり。ブロードウェイ協会では1カ月おきに感染状況を見てルールを再考すると発表しているが、一度緩めた規制を再び締めることは難しいのではないだろうか。実際反マスク派でなくても、2年以上続く日常的なマスク着用に、人々は疲弊している。

 新コロナウィールスと共存せざるを得ない現状を、ニューヨーカーはこれからどのように乗り越えていくのか。今後の社会の流れに注目していきたい。

  
▲「Wedge ONLINE」の新着記事などをお届けしています。

新着記事

»もっと見る