2024年6月16日(日)

科学で斬るスポーツ

2013年10月1日

 まず利用する映像について、現在は、JISSを所管する日本スポーツ振興センター・マルチサポート事業の一環として、ロンドン五輪に続き、リオデジャネイロ五輪における競泳パフォーマンス分析を担当する岩原さんは、(1)調子の良かったレースと悪かったレースの比較 (2)世界のライバル選手との比較――という。

表の見方:左のグラフは、上から各区間における1ストロークの平均速度、所用時間、その間に進む距離。優勝したマグナッセンは、けっして最初から飛ばしてはいないが、ゆったり腕をかき、後半でも速度が落ちていないことがわかる。 上の表は、タイム(記録)、スタート反応時間(reaction)、ターン前5m、ターン後5m、ラスト5メートルの所用時間。マグナッセンは、スタートは遅いが、ターンがうまく、ラストも減速せずに泳ぎ切っていることがわかる
拡大画像表示

 そして、その映像をスタート、ターン、ゴール、ラストに分け、それぞれの速度、ひとかき(ストローク)で進む長さ、ストローク数などを割り出し、それをもとにどこが遅いのか、抵抗が大きいのか、推進力がないのか、弱点をつかむのがこの手法である。

 右のグラフや表は、今年の世界選手権男子100メートル自由形決勝で、優勝したマグナッセンら上位3人の泳ぎをビデオから分析したものだ。

 こうしてデータで弱点をつかんだ後は、腕のかき方、スタートの仕方、ターンなど要素などに分けて、改善していく。各種目の改善したいところを細分化して、その動きを組み立て直す手法は「ビルド」とも呼ばれる。

 「ここで大切なのは、個人の適した泳ぎ方に合わせて、効率的なフォーム改善を行うことだ。北島康介の場合、アテネではスタート、ターンの改善に取り組んだ。ここで推進力を確保したことが勝利につながった」と岩原さんは話す。

科学的分析を、選手にどう伝えるかが重要

 日本人は欧米選手に比べ、体は小さい。その日本人も筋肉の付き方、体の組成、関節の柔らかさは個々で異なる。こうした個々の特性を見抜き、適正なコーチングができるのが平井コーチだ。

 岩原さんは「平井コーチは、選手の練習メニューのバリエーションが多い。常に様々なデータを求めてくる。当初、このようなデータを活用できるのは平井コーチだけだったが、いまでは多くのコーチが利用できるようになった」と語る。

 その平井コーチは、今年、東洋大学水泳部の監督に就任した。萩野ら有望選手が、平井コーチを慕って、同大に進学した。

 平井コーチのすごさは、その言葉に凝縮される。


新着記事

»もっと見る