Inside Russia

2014年8月15日

»著者プロフィール

「みんなが長らく待ち望んでいた真実が流れる」

 そして、午前11時ごろ、首相府がメドベージェフ氏のツイッターが乗っ取られたことを明かし、メッセージはすべて削除された。乗っ取りのニュースはすぐに世界中を駆け回ったのだから、偽首相は自身のPCの前でほくそ笑んでいたに違いない。

 犯人のハッカーは乗っ取り中に何度か、他のユーザーが記したメッセージの内容に賛同し、リツイートしていた。

 「世界中で政治家のアカウントが乗っ取られた際には、有害情報が記載され始めるのだが、ロシアだけはみんなが長らく待ち望んでいた真実が流れる」

 果たして、メドベージェフ首相自身、この偽ツイートの内容をどう感じ取っただろうか?

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

新着記事

»もっと見る