メディアから読むロシア

2014年9月11日

»著者プロフィール
著者
閉じる

小泉悠 (こいずみ・ゆう)

東京大学先端科学技術研究センター特任助教

1982年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。民間企業を経た後、2008年から未来工学研究所。09年には外務省国際情報統括官組織で専門分析員を兼任。10年、日露青年交流センターの若手研究者等派遣フェローシップによってモスクワの世界経済・国際関係研究所(IMEMO)に留学。専門は、ロシアの軍事・安全保障政策、軍需産業政策など。著書に軍事大国ロシア』(作品社)、『プーチンの国家戦略』(東京道堂出版)、『「帝国」ロシアの地政学』(東京堂出版)。『ロシアの軍事情報を配信するサイト「World Security Intelligence」(http://wsintell.org/top/)を運営。

 そこで訊いてみよう。ドネツクやルガンスクの上空で、あるいはウクライナ軍の陣地上空で、ロシア軍の軍用機やヘリコプターを見た者はいるのだろうか? 無人機はどうか? ロシア領内から火砲や多連装ロケットシステムの攻撃が行われていると直接に結びつけられる者はいるだろうか? 誰が、またどうやって、それらの攻撃がロシア領内からウクライナの土地に行われていると結論できるのだろうか? そのような信頼のおける証拠や報告はこれまでなかったし、現在もないのである。そんなものは存在していない。ウクライナからロシアに飛んでくる砲弾はあっても、ロシアからウクライナへ飛んでいく砲弾はないのである。

 第3に、義勇兵について述べる。各人には、自らの信じる理想のために戦い参加する権利がある。キエフの今の政権が武器の力によって自らの土地から追い払い、従わない場合は抹殺しようとしているウクライナのロシア語系住民を守ることは、ロシア人が戦士達の側につくことを正当化する。もちろん、彼らが単なる旅行者だとか、高い報酬に釣られたとか、軍隊を脱走してきた場合は別だが。(後略)

* * *

「義勇兵」は秘密兵器?

【解説】

 リトフキンの説明は、ほぼロシア政府の立場に沿ったものである。つまり、ウクライナで戦っているのはあくまでも自発的な「義勇兵」であり、ロシア政府が組織的に派遣したものではない、というのがその核心である。

 これを一笑に付すことは簡単だが、リトフキンの説明はさすが軍事専門家だけあってなかなか具体的である。誤解を恐れずに言えば、説得力さえ感じる。

 だが、リトフキンの言う偵察衛星の画像などは最高機密であり、そもそも詳細を公開するということはありえない。いつ、どこで撮られたか分からないというならば、7月21日にロシア軍が「ウクライナのブーク防空システムが撃墜現場付近に展開していた証拠」として公開した衛星画像も同じ事だ(ちなみにこの画像は資源探査衛星から撮影されたものと思われ、軍用衛星の画像を公開していないことはロシア軍も同じである)。

 さらに言えば5月にはロシア製無人機オルラン-10がウクライナ軍によって撃墜されているし、9月にはアゾフ海でウクライナ軍の警備艇がロシア軍と思われるヘリから攻撃を受けている。

関連記事

新着記事

»もっと見る